「ロンキ・デイ・レジョナーリ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m (r2.7.3) (ロボットによる 追加: la:Ronches)
この地の人々の生活はローマ時代以前に遡る<ref name="turismofvg">{{Cite web|author=Agenzia Turismo Friuli Venezia Giulia|url=http://www.turismofvg.it/Locality/Ronchi-dei-Legionari|title=Ronchi dei Legionari|language=英語|accessdate=2011-07-31}}</ref>。ローマ時代にはいくつかの村落が築かれ、空港周辺では古代の[[ネクロポリス]]が発掘されている。
 
この町は[[ゴリツィア]]伯領から、967年に[[アクイレイア]]の総大司教領{{enlink|Patriarca di Aquileia||it}}となった。町が Ronches の名ではじめて文書に現れるのは1229年のことである。
 
15世紀以降[[ヴェネツィア共和国]]領になり、その後[[ハプスブルク君主国]]の領土となった。1850年には行政官(ポデスタ、Podestà)が派遣されるようになり、1912年には村の格を得た<ref name="turismofvg" />。
 
[[第一次世界大戦]]後、[[イタリア王国]]領となった。1919年、国家主義的詩人[[ガブリエーレ・ダンヌンツィオ]]は義勇兵「レジョナーリ」(「軍団」の意)を組織し、「ロンキ・ディ・モンファルコーネ」(Ronchi di Monfalcone)と呼ばれていたこの町から出発して[[リエカ]](フィウメ)を占領した([[カルナーロ=イタリア執政府]]参照)。コムーネの名は、これを記念して1925年に改名された。
 
== 人口 ==

案内メニュー