「羽生善治」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
 
さらに翌年度の第61回(2011年度)大会では3月18日放送の決勝で渡辺明を破り、自身の連覇記録をさらに更新する'''NHK杯戦史上初の4連覇'''を果たすとともに通算優勝回数10回を達成。将棋界では初の'''名誉NHK杯選手権者'''の称号を獲得した<ref group="注">囲碁界では[[坂田栄男]]が名誉NHK杯選手権者の称号を獲得している</ref><ref>[http://www.shogi.or.jp/topics/2012/03/nhk-5.html 羽生善治二冠、名誉NHK杯に! 日本将棋連盟ホームページ]</ref>。これによって'''七つ目の永世称号の獲得'''となり、自身の記録を更新する'''歴代最多記録'''となった。
<!---また、通算優勝回数を123回(タイトルと一般棋戦、非公式戦の合算)とし、大山康晴の最多記録にあと1とした。←棋聖防衛時点でどうなりましたか? 詳しい方お願いします。--->
 
2012年、第70期名人戦森内俊之名人に対して挑戦するも2勝4敗で挑戦奪取失敗。通算タイトル獲得数歴代単独1位は成らなかっが、直後の第83期棋聖戦において、[[中村太地]]六段(タイトル初挑戦)を3連勝で破り、退けタイトルを防衛するとともに、'''通算タイトル獲得数'''81期となり、して'''歴代単独1位'''となる。
 
== 棋風・評価 ==
==== 非公式戦優勝 ====
* [[富士通杯達人戦|達人戦]] 1回(2011年度 = 第19回)
* [[銀河戦]](公式戦となる前) 2回(1997年度 = 第5回、1998年度 = 第6回)
 
===在籍クラス===
 
* 優勝関連
**[[NHK杯テレビ将棋トーナメント|NHK杯戦]] 優勝回数 - 10回(1988(=第38回)、1991、1995、1997-1998、2000、2008-2011年度) - '''名誉NHK杯'''
**NHK杯戦 連続優勝 - 4連覇(2008(=第58回) - 2011年度) ※'''継続中'''
**[[オールスター勝ち抜き戦]] - 16連勝(2000年 = 第20回)<ref group="注">「オールスター勝ち抜き戦」は終了棋戦のため、羽生の16連勝の記録は破られないことが確定(谷川浩司と中原誠が12連勝で2位タイ)。</ref>
** タイトルホルダーでの最年少竜王戦1組降級 - 20歳11か月23日(1991年9月20日、当時棋王)
** 将棋のタイトル戦七番勝負史上初の3連勝4連敗(2008年12月18日 第21期竜王戦第7局)
** A級順位戦全勝者が名人挑戦位奪取失敗(2012年6月13日 第70期名人戦第6局史上初)
 
* 賞金関連
4,435

回編集

案内メニュー