コンテンツにスキップ

「かんかんのう」の版間の差分

「雲錦随筆」の「看看踊打扮之図」の付記
(「雲錦随筆」の「看看踊打扮之図」の付記)
== 歴史 ==
[[文政]]3年([[1820年]])の春、[[長崎市|長崎]]の人が[[大阪|難波]]・[[堀江 (大阪市)|堀江]]の[[荒木座]]で踊った「唐人踊(とうじんおどり)」に始まる。これは、唐人ふうの扮装をした踊り手が、[[清楽]]の「[[九連環]]」の替え歌と、[[鉄鼓]]、[[太鼓]]、[[胡弓]]や[[蛇皮線]]などの伴奏にあわせて踊る、という興行的な出し物だった。
この踊りは1862年(文久2年)刊行の『雲錦随筆』(大坂の画家・[[暁鐘成]] 作)にも、挿絵付で述べられている<ref>暁鐘成「雲錦随筆」吉川弘文館(日本随筆大成 巻8)1927年(昭和2年)、94~95頁</ref>。
 
 
その後、「唐人踊」は名古屋や江戸にも広まって大流行となった。流行の加熱のあまり、文政5年2月には禁令が出るほどであった。その後も庶民のあいだでは、「看々踊」や、その歌である「かんかんのう」が歌い継がれた。
 
江戸から明治にかけて、「かんかんのう」を唱っていた庶民の大半は、この元歌が[[中国]]伝来の歌であることは認識していたが、歌詞の意味は把握しておらず、一種のナンセンス・ソングとして、意味不明ながら語呂の響きを楽しんだのである。
 
==脚注==
<references />
 
== 参考論文・図書 ==
572

回編集