「Objective-C」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
Objective-Cのクラスは定義部と実装部に分かれており、通常定義部を.hファイル、実装部を.mファイルに記述する。後述のカテゴリによりクラス定義を複数のパートに分割できる。
 
'''MyObject.h'''
<source lang="objc">
// クラスの定義 (MyObject.h)
@interface MyObject : NSObject {
int val;
</source>
 
<br />
'''MyObject.m'''
 
<source lang="objc">
// 実装 (MyObject.m)
@implementation MyObject
+ (void)classMethod:(id)arg {
79

回編集

案内メニュー