「網走番外地」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
{{Portal|文学}}
『'''網走番外地'''』(あばしりばんがいち)は、[[伊藤一]]の小説。作者が[[網走刑務所]]で服役した経験をもとにして書かれ、[[1956年]]に出版された。[[1959年]]には[[日活]]で映画化され、[[1965年]]からは[[東映]]で[[高倉健]]主演による映画シリーズ化がなされ、18作が制作された('''[[網走番外地 (東映)|網走番外地]]'''を参照)
 
 
 
== 映像化作品 ==
*[[網走番外地 (日活)]]:[[日活]]によって制作された同小説の映画版。小高雄二、[[浅丘ルリ子]]主演。1959年制作公開。
*[[網走番外地 (東映)]]:[[東映]]によって制作された同小説の映画版。[[高倉健]]主演。1965年~72~1972年制作公開。
 
 
 
{{aimai}}
 
{{DEFAULTSORTデフォルトソート:あはしりはんかいち}}
[[Category:日本の小説]]
[[Category:1956年の小説]]
[[Category:日本の映画作品]]
[[Category:1959年の映画]]
[[Category:1965年の映画]]
[[Category:刑務所を舞台とした作品]]
[[Category:日本の映画北海道を舞台とした作品]]
{{DEFAULTSORT:あはしりはんかいち}}
{{lit-stub}}
匿名利用者

案内メニュー