「ダナ・ホワイト」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
[[ファイル:Dana White headshot.jpg|thumb|right|ダナ・ホワイト]]
'''ダナ・ホワイト'''('''Dana White'''、[[1969年]][[7月28日]] - )は、[[アメリカ合衆国]]のスポーツプロモーション会社「[[ズッファ]](Zuffa, LLC)」の代表であり、同社の運営するアメリカ随一の[[総合格闘技]]イベント「[[UFC]]」の代表である。[[コネチカット州]][[マンチェスター (コネチカット州)|マンチェスター]]出身。[[WOWOW]]のUFC放送では'''[[デイナ・ホワイト]]'''と表記されており、UFC日本大会開催(2012年2月26日)に伴う2012年2月23日の事前記者会見で、本人が「ダナは女の子っぽくなるのでデイナにしてください」との希望を表明した
ちなみにベンチプレスは315ポンド(約143㎏)を余裕で挙げることが出来る。(Youtubeに動画有り)
 
[[WOWOW]]のUFC放送では'''デイナ・ホワイト'''と表記されており、UFC日本大会開催(2012年2月26日)に伴う2012年2月23日の事前記者会見で、本人が「ダナは女の子っぽくなるのでデイナにしてください」との希望を表明した。
 
ちなみにベンチプレスは315ポンド(約143㎏)143kg)余裕で挙げることが出来る。(Youtube(YouTubeに動画有り)
 
== 来歴 ==
元はアマチュア[[ボクサー (スポーツ)|ボクサー]]であったが、[[1992年]]、[[ネバダ州]][[ラスベガス]]に自身の会社「ダナ・ホワイト・エンタープライゼス」を設立。アマチュア時代の経験を活かし、[[ボクシング]]の指導や[[ボクササイズ]]のジムを経営する。
 
経営が軌道に乗り、[[プロボクサー]]のマネージメント業に乗り出すうちに、いつしか総合格闘技の選手のマネージメント業も行うようになった。その中には後のUFCライトヘビー級王者[[ティト・オーティズ]]や[[チャック・リデル]]もいた。
 
そのような状況の中、当時[[:en:Semaphore Entertainment Group|SEG]](Semaphore Entertainment Group)社が運営していたUFCが暴力性への批判等から規模を縮小させた際に、身売り先を探していたことを知り、かつて[[ネバダ州アスレチック・コミッション]]においてコミッショナーを務めていたハイスクール時代の同級生[[ロレンゾ・フェティータ]]([[ステーション・カジノ]]経営者)にコンタクトを取る。
 
その後、交渉とルール整備によってCATVの放送を復活させ、UFCを全米随一の格闘技イベントへと成長させた。
 
現在、主に[[ヨーロッパ]]を主軸に全世界に進出中であるが、積極的な姿勢であらゆる格闘技イベント関係者から注目されている。
 
== 人物 ==
この世には総合格闘技イベントはUFCと[[PRIDE]]の2つしかないと語っていたが<ref>[http://webwayback.archive.org/web/*/http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1175003641 UFCのダナ・ホワイト代表が登場「私はPRIDEを叩き潰すだけ!」] PRIDE公式サイト 2007年3月27日(Internet Archive)</ref>、買収直後の2007年5月にはPRIDEの名称を「下らない名前」と語った(一方で「PRIDE Fighting Championship」であれば最高の名称であるとしている)<ref>高島学「キーパーソンは語る ダナ・ホワイト&ロレンゾ・フェティータ「PRIDE? くだらない名前だ」」『[[Sports Graphic Number]]』681、[[文藝春秋]]。</ref>。
 
2007年にPRIDEを買収した後、PRIDEの大会開催を目指していたが開催できずにPRIDEが消滅したことについては「我々にはPRIDEのための計画があったし、日本大会を開催するつもりだった。しかし、そこには[[ヤクザ]]、[[マフィア]]が横行していた。あそことビジネスをするのは実に面倒だ。ヤクザのせいでPRIDEというブランドが消滅することになってしまったのは非常に残念だ」と語っている<ref>[http://www.fightersonlymagazine.co.uk/news/viewarticle.php?id=1235 17/10/08 - Dana:Organised crime blocks international expantion] Fighters Only Magazine 2008年10月17日</ref>。
* [[ロレンゾ・フェティータ]]
* [[フランク・フェティータ]]
 
 
== 外部リンク ==
49,118

回編集

案内メニュー