「四位」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
諸王四位を中心に
m
(諸王四位を中心に)
'''四位'''(しい)は、日本の位階制度における位の一つで、複数の異なる制度で用いらられた。
'''四位'''
 
== 諸王の位 ==
*日本における位階。→[[正四位]]・[[従四位]]
天武天皇元年([[672年]])に[[壬申の乱]]で勝利し、翌年([[673年]])2月27日に即位した[[天武天皇]]は、臣下に与えた[[冠位]]とは別に、皇子を除く皇族王に三位、四位などの位を与えた。この[[諸王の位]]がいつ制定されたかは不明だが、天武天皇14年([[685年]])1月21日に冠位48階制の施行によって廃止された<ref>『日本書紀』巻29、当該年月条。以下、栗隈王と葛城王の例も同じ。</ref>。四位として知られる人物は、[[栗隈王]]と[[葛城王 (天武朝の人)|葛城王]]である。
**江戸時代の武家官位における四品(四位相当)については、[[四品以上に昇進する大名家一覧]]を参照のこと。
*日本の姓氏の1つ。(例:[[四位洋文]]・[[四位晴果]]・[[四位広猫]]・[[四位知加子]])
 
*[[栗隈王]] - 天武天皇4年([[675年]])3月16日[[兵政官]]長に任命、5年([[676年]])6月没。
{{aimai}}
*[[葛城王 (天武朝の人)|葛城王]] - 天武天皇8年([[679年]])7月17日没。
{{デフォルトソート:しい}}
 
== 律令制の位 ==
[[大宝律令]]以降の日本の[[律令制]]では[[正四位上]]、[[正四位下]]、[[従四位上]]、[[従四位下]]の4つの位の総称である。(詳しくは[[正四位]]、[[従四位]]を参照)
 
== 近現代の位 ==
明治時代以降は、[[正四位]]と[[従四位]]の二つにまとめられた。
 
== 脚注 ==
{{reflist}}
 
== 参考文献 ==
*小島憲之・直木孝次郎・西宮一民・蔵中進・毛利正守・校訂・訳『日本書紀』3(新編日本古典文学全集4)、小学館、1998年。
 
{{DEFAULTSORT:しい}}
[[Category:日本の位階|しい]]
27,616

回編集

案内メニュー