「Ω-9脂肪酸」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
→‎背景: 酵素名追加
(→‎背景: オレイン酸から加工転載)
(→‎背景: 酵素名追加)
ω-3、ω-6脂肪酸と異なりω-9脂肪酸は、[[必須脂肪酸]]には分類されない。これはω-9脂肪酸がヒトの体内で他の脂肪酸から合成できるためである。Ω-9脂肪酸は、''n''-6二重結合が無いため[[エイコサノイド]]を形成する反応に参加することができない。
 
体内では、[[脂肪酸シンターゼ]]によって[[アセチルCoA]]と[[マロニルCoA]]から直鎖の飽和脂肪酸が作られる。順次アセチルCoAが追加合成されるので原則脂肪酸は偶数の炭素数となる<ref>[[脂肪酸の合成]]</ref>。体内で余剰の[[糖質]]、[[タンパク質]]等が存在するとアセチルCoAを経て、飽和脂肪酸の合成が進む。脂肪酸合成が炭素数18([[ステアリン酸]])に達すると、体内で[[ステアロイルCoA 9-デサチュラーゼ]](Δ9-脂肪酸デサチュラーゼ)によりステアリン酸の中央w9位に二重結合が生成されて体内で一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸が生成される。例えば豚の体脂肪である[[ラード]]にはオレイン酸が豊富に含まれている。このオレイン酸から、植物中で、ω6位に二重結合を作る[[Δ12-脂肪酸デサチュラーゼ]] によりオレイン酸の二重結合が一個増えてリノール酸が生成され、ついでω3位に二重結合を作る[[デサチュラーゼ|Δ15-脂肪酸デサチュラーゼ]] により[[リノール酸]]の二重結合が一個増えて[[α-リノレン酸]]が生成される。動物の体内にはリノール酸もα-リノレン酸も作る酵素が存在しないので、これらの不飽和脂肪酸を[[必須脂肪酸]]として摂取しなければならない<ref>http://www.kinjo-u.ac.jp/orc/document/topic1.pdf</ref>。
 
必須脂肪酸の欠乏の過酷な条件下では、[[哺乳類]]は[[オレイン酸]]を伸長・非飽和にし、[[ミード酸]](20:3, ''n''−9)を作る<ref name="lipomics">{{cite web|url=http://www.lipomics.com/resources/fatty_acids/20_3n9.htm |author=Lipomics|title = Mead acid| accessdate= February 14, 2006}}</ref>。また、菜食主義者においても狭い範囲で起こる<ref name="phinney1990">{{cite web| author=Phinney, SD, RS Odin, SB Johnson and RT Holman |title=Reduced arachidonate in serum phospholipids and cholesteryl esters associated with vegetarian diets in humans|url=http://intl.ajcn.org/cgi/content/abstract/51/3/385|accessdate=February 11, 2006|year=1990}}</ref>。

案内メニュー