コンテンツにスキップ

「ヨハン7世 (ナッサウ=ジーゲン伯)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[ファイル:Jan de middelste van Nassau-Siegen.jpg|thumb|ナッサウ=ジーゲン伯ヨハン7世]]
'''ヨハン7世'''(Johann VII., [[1561年]][[6月7日]] - [[1623年]][[9月27日]])は、ナッサウ=[[ジーゲン]]伯およびフロイデンベルク伯。[[オラニエ=ナッサウ家|オラニエ公]][[ウィレム1世 (オラニエ公)|ウィレム1世]]の弟ナッサウ=ディレンブルク伯[[ヨハン6世 (ナッサウ=ディレンブルク伯)|ヨハン6世]]と最初の妻[[エリーザベト・フォン・ロイヒテンベルク]]の次男。[[オランダ]]では'''ヤン・デ・ミッデルステ'''(Jan de Middelste)と呼ばれる。
 
従弟であるオラニエ公[[マウリッツ (オラニエ公)|マウリッツ・ファン・ナッサウ]]に協力して、[[ネーデルラント連邦共和国|オランダ共和国]]軍に近代的な軍事教練を行った。軍事理論家であり、また[[ジーゲン]]にヨーロッパで最初の[[士官学校]]を設けたことでも知られる。[[1620年]]にヨハン7世は[[スウェーデン]][[スウェーデン君主一覧|王]][[グスタフ2世アドルフ (スウェーデン王)|グスタフ2世アドルフ]]の訪問を受けている。ヨハン7世はグスタフ・アドルフに軍事理論の指南を行い実践させた。彼の軍事理論は、オランダの軍事改革と共にドイツやスウェーデンに浸透させたと言える。
[[1620年]]にヨハン7世は[[スウェーデン]][[スウェーデン君主一覧|王]][[グスタフ2世アドルフ (スウェーデン王)|グスタフ・アドルフ]]の訪問を受けている。ヨハン7世はグスタフ・アドルフに軍事理論の指南を行い実践させた。彼の軍事理論は、オランダの軍事改革と共にドイツやスウェーデンに浸透させたと言える。
 
== 子女 ==
[[1581年]]に[[フィリップ4世 (ヴァルデック伯)|ヴァルデック伯フィリップ4世]]の娘マグダレーナ([[1558年]] - [[1599年]])と結婚し、12子をもうけた。のち、[[ハンス (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク公)|ゾンダーブルク公ヨハン]]([[デンマーク]][[デンマーク君主一覧|王]][[クリスチャン3世 (デンマーク王)|クリスチャン3世]]の三男、[[グリュックスブルク家]]、[[アウグステンブルク家]]の祖)の娘マルガレータと結婚し、[[ヨハン・マウリッツ (ナッサウ=ジーゲン侯)|ヨハン・マウリッツ]]ら13子をもうけた。
[[1581年]]に[[フィリップ4世 (ヴァルデック伯)|ヴァルデック伯フィリップ4世]]の娘マグダレーナ([[1558年]] - [[1599年]])と結婚し、12子を儲けた。
#ヨハン・エルンスト(1582年 - 1617年)
#[[ヨハン8世 (ナッサウ=ジーゲン伯)|ヨハン8世]](1583年 - 1638年) - ナッサウ=ジーゲン伯
#エリーザベト(1584年 - 1661年) - ヴァルデック伯[[クリスティアン (ヴァルデック伯)|クリスティアン]]と結婚
#アドルフ(1586年 - 1608年)
#ユリアーネ(1587年 - 1643年) - [[ヘッセン=カッセル方伯領|ヘッセン=カッセル方伯]][[モーリッツ (ヘッセン=カッセル方伯)|モーリッツ]]と結婚
#アンナ・マリア(1589年 - 1620年) - ダウン=ファルケンシュタイン伯ヨハン・アドルフと結婚
#ヨハン・アルブレヒト(1590年)
#[[ヴィルヘルム (ナッサウ=ヒルヒェンバッハ伯)|ヴィルヘルム]](1592年 - 1642年) - ナッサウ=ヒルヒェンバッハ伯
#アンナ(1594年 - 1636年) - ブレデローデ伯ヨハン・ヴォルフェルトと結婚
#フリードリヒ・ルートヴィヒ(1595年 - 1600年)
#マグダレーナ(1596年 - 1662年) - ベルンハルト・モーリッツ・フォン・エーンハウゼンと結婚、フィリップ・ヴィルヘルム・フォン・インハイゼン・クニプハウゼンと再婚
#ヨハン・フリードリヒ(1597年)
 
[[15811603年]]に[[フィリップ4世 (ヴァゾンダーブデッ伯)|ヴァルデック伯フィリップ4世]]の娘マグダレーナ([[1558年]] - [[1599年]])と結婚し、12子をもうけた。のち、[[ハンス (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク公)|ゾンダーブルク公ヨハン]]([[デンマーク]][[デンマーク君主一覧|王]][[クリスチャン3世 (デンマーク王)|クリスチャン3世]]の3男、[[グリュックスブルク家]]、[[アウグステンブルク家]]の祖)の娘マルガレータと結婚し、[[ヨハン・マウリッツ (ナッサウ=ジーゲン侯)|ヨハン・マウリッツ]]ら13子をもうけた。
#[[ヨハン・マウリッツ (ナッサウ=ジーゲン侯)|ヨハン・マウリッツ]](1604年 - 1679年) - ナッサウ=ジーゲン侯
#[[ゲオルク・フレデリック (ナッサウ=ジーゲン侯)|ゲオルク・フレデリック・ルートヴィヒ]](1606年 - 1674年) - ナッサウ=ジーゲン伯、ナッサウ=ジーゲン侯
#ヴィルヘルム・オットー(1607年 - 1641年)
#ルイーゼ・クリスティーネ(1608年 - 1678年) - コンフラン侯フィリップと結婚
#ゾフィー・マルガレーテ(1610年 - 1665年) - リンブルフ・シュティルム伯ゲオルク・エルンストと結婚
#ハインリヒ(1611年 - 1652年)
#マリア・ユリアーネ(1612年 - 1665年) - フランツ・ハインリヒ・フォン・ザクセン=ラウエンブルクと結婚
#アマーリエ(1613年 - 1669年) - [[ヘルマン・ウランゲル]]と結婚、[[プファルツ=ズルツバッハ|プファルツ=ズルツバッハ公]][[クリスティアン・アウグスト (プファルツ=ズルツバッハ公)|クリスティアン・アウグスト]]と再婚
#ベルンハルト(1614年 - 1617年)
#クリスティアン(1616年 - 1644年)
#カタリーナ(1617年 - 1645年)
#ヨハン・エルンスト(1618年 - 1639年)
#エリーザベト・ユリアーネ(1620年 - 1665年) - ザイン=ヴィトゲンシュタイン伯ベルンハルトと結婚
 
{{History-stub}}
匿名利用者