「シメオン・ドニ・ポアソン」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
{{出典の明記}}
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: kk:Пуассон Симон Дени)
m ({{出典の明記}})
{{出典の明記|date=2011-12}}
[[Image:Simeon Poisson.jpg|thumb|180px|ポアソン]]
'''シメオン・ドニ・ポアソン'''(''Siméon Denis Poisson''、[[1781年]][[6月21日]] - [[1840年]])は、[[ポアソン分布]]・[[ポアソン方程式]]などで知られる[[フランス]]の[[数学者]]、[[地理学者]]、[[物理学者]]。
 
 
[[1808年]]と[[1809年]]にポアソンは、主要業績とされる幾つかの論文を[[科学アカデミー (フランス)|フランス科学アカデミー]]会報に発表した。1808年の ''Sur les inégalités des moyens mouvement des planètes'' では[[惑星]]の運動を取り扱い、ラプラスとラグランジェの提出した問題への解答を試みた。続く1809年には ''Sur le mouvement de rotation de la terre'' および ''Sur la variation des constantes arbitraires dans les questions de méchanique'' において、ポアソンはこれを発展させた。また[[1811年]]にはエコール・ポリテクニークでの講義録を2巻の書籍として出版した。
18321818年には物理学上の貢献に対してイギリスロンドン[[王立協会]]よりのフェローに選出され<ref>{{FRS |code = NA4949 |title = Poisson; Simeon Denis (1781 - 1840) |accessdate = 2011-12-11 }}</ref>、1832年には[[コプリ・メダル]]を贈られている。
 
== 関連項目 ==
* [[ポアソン過程]]
* [[ポアソンの法則]]
 
== 出典 ==
{{脚注ヘルプ}}
<div class="references-small">{{Reflist}}</div>
 
== 外部リンク ==
29,170

回編集

案内メニュー