「旭沢橋梁」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
typo
(座標追加、外部リンク修正)
m (typo)
[[画像:Asashi-no5.jpg|thumb|right|250px|旭沢橋梁を通過する混合列車/1972年]]
[[Image:Asashi.jpg|thumb|right|250px|今も残る旭沢橋梁/2002年]]
'''旭沢橋梁'''(あさひざわきょうりょう)は、[[北海道]][[夕張市]][[大夕張|鹿島]]明石町にあるトラスド・ガーー橋。[[三菱石炭鉱業大夕張鉄道線]]の[[明石町駅]] - [[千年町駅]]間にある[[廃橋]]である。第1回[[北海道遺産]]に選定された「空知の炭鉱関連施設と生活文化」の1つである。
 
== 沿革 ==
[[三菱石炭鉱業大夕張鉄道線]]は、明治時代に[[三菱大夕張炭鉱|大夕張炭鉱]]の石炭輸送のための専用鉄道として開業し、[[1929年]](昭和4年)に炭鉱の北部開発に伴い路線が延長された。
 
その後、地方鉄道に改組したが、旭沢橋梁はこの延長時に架橋されたものである。製作は[[横河橋梁製作所]]が行い、工期を短縮するために鋼[[トレッスル橋]]脚を持つトラスド・ガー形式を採用し、上弦材の華奢なIビームをトラスのパネルが補強している。
 
延長時には南大夕張側から1~8号橋が架設され、旭沢橋梁は5号鉄橋とも呼ばれたが、旭沢より南大夕張方の明石沢橋梁が当初暗渠として計画されたが、後に橋梁に変更されたため、明石沢橋梁は8号鉄橋となっている。
== データ ==
; 種別
* トラスド・ガーー橋(単線上路プラットトラス/上路I桁/鋼構橋脚)
; 全長
* 72.3m(支間4×14.630m,2×5.943m)
 
== アクセス ==

案内メニュー