「松平信正 (丹波亀山藩主)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
m
{{otheruseslist|形原松平家当主|[[松平尚栄]]の子|松平信正 (松平郷松平家)|大河内松平家当主|松平信正 (大河内松平家)|鷹司松平家当主|松平信政}}
{{基礎情報 武士
| 氏名 = 松平 信正
| 時代 = [[江戸時代]]後期 - [[明治時代]]
| 生誕 = [[嘉永]]5年[[4月29日 (旧暦)|4月29日]]([[1852年]][[6月16日]])
}}
 
'''松平 信正'''(まつだいら のぶまさ)は、[[丹波亀山藩]]の第8代(最後)の[[藩主]]。丹波亀山藩[[形原松平家]]13代。
 
嘉永5年(1852年)4月29日、第6代藩主・[[松平信豪]]の七男として生まれる。はじめ[[家督]]は兄の[[松平信敏 (形原松平家)|信敏]]が継ぐ予定だったが、信敏が[[慶応]]元年([[1865年]])に死去したため、信正が第7代藩主・[[松平信義]]の[[養子]]となって、慶応2年([[1866年]])に家督を継いで第8代藩主となる
 
幕末期は佐幕派だったが、慶応4年([[1868年]])の[[戊辰戦争]]で新政府の圧力を受けて降伏し、東征に参加している。明治2年([[1869年]])の[[版籍奉還]]で亀山[[藩知事]]となり、亀山を亀岡と改称した。明治4年([[1871年]])、[[廃藩置県]]で[[知藩事]]を免官される。
 
明治42年(1909年)10月28日に死去した。享年58。
 
{{形原松平家当主||1866 - 1909}}
{{丹波亀山藩主|形原松平氏|8代|1866 - 1871}}
{{People-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:まつたいら のふまさ}}
[[Category:江戸の大名]]
[[Category:譜代大名]]
[[Category:幕末の大名]]
[[Category:形原松平氏|のふまさ]]
[[Category:貴族院子爵議員]]
[[Category:東京地学協会の人物|華族まつたいらのふまさ]]
匿名利用者

案内メニュー