コンテンツにスキップ

「アルゼンチンの国歌」の版間の差分

しからずんば、栄光において死ぬのを誓わん!<br/>
 
== スポーツ大会における扱い ==
==関連項目==
実は曲自体の長さが5分超と、「'''世界一曲が長い国歌'''」であるといわれている。このため、特に国際スポーツ大会においてフルコーラスを演奏すると、進行の妨げとなる恐れがあることから、各競技団体では、アルゼンチン国歌については部分的に端折って短くして演奏することが暗黙の了解事項となっている。
 
[[2011年ワールドカップバレーボール|FIVB World Cup Volleyball 2011 JAPAN]]では、それまでの日本の大会運営が批判され、参加国の試合前の国歌演奏は原則としてフルコーラスで行うとされたが、女子が出場したアルゼンチンだけは、前述の事情で唯一短縮版演奏が継続された。[[FIFAワールドカップ]]でもアルゼンチン国歌は短縮版が演奏される。
 
歌詞が長いのは[[ギリシャ]]の国歌であるが、1コーラスの曲自体はそれほど長くなく、それを延々繰り返すだけである。
 
== 関連項目 ==
*[[アルゼンチン独立戦争]]
*[[五月革命 (アルゼンチン)|五月革命]]
匿名利用者