「勧善懲悪」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
 
== 変形「勧悪懲悪」 ==
'''勧悪懲悪'''(かんあくちょうあく)とは、勧善懲悪において、本来であれば悪に値する存在([[強盗]]、[[殺し屋]]、[[闇金]]、[[女衒]]、[[詐欺#詐欺師|詐欺師]]など)が様々な理由(猛悪に対する正義心や義侠心の発露、仲間の裏切りや取り分の相違、権力闘争、あるいは助平心など)によって悪と対峙する立場になり、'''結果的に(他方の視点からして)悪を懲らしめる'''、という勧善懲悪と[[ピカレスク]]の融合による応用形。[[義賊]]が典型的であるが、必殺シリーズは「清廉潔白とは対極の生活を送る女たらしの按摩師」や「[[賄賂|袖の下]]を喜んで受け取る悪党的な面を持つ一見冴えない中年同心」が「金目当て」で悪と対峙する、というようにさらに「洗練」された形となっている。ただし、単に双方とも悪というわけではなく、主人公側は人情が通じたり、合法的には裁けぬ悪を裁くなど心理的には善、もしくは善寄りであるため、懲罰手段が悪、若しくは所属が悪と同じだけの勧善懲悪であるとも言える。また、勧善懲悪とされるものでも、洋画[[アクション映画]]のように容赦なく手段を選ばず人情もなく悪人を殺し続ける場合などがあるため、勧悪懲悪との差異は明確ではない。なお、[[必殺シリーズ]]は「清廉潔白とは対極の生活を送る女たらしの按摩師」や「[[賄賂|袖の下]]を喜んで受け取る悪党的な面を持つ一見冴えない中年同心」が「金目当て」・「裏の仕事」として悪と対峙する、というようにさらに「洗練」された形となっており、特に前期必殺シリーズではこれらのテーマ性が強調されていた
 
=== 勧悪懲悪の例 ===
1,849

回編集

案内メニュー