「広島宝塚1・2・3」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
* [[2004年]](平成16年)[[5月]]:宝塚4をサロンシネマなどを運営する「[[序破急 (企業)|序破急]]」に譲渡(→'''シネツイン新天地''')し3館体制に戻す。
* [[2008年]](平成20年)[[2月1日]]:運営会社が[[東宝関西興行]]から[[関西共栄興行]]に変更。
* [[2011年]](平成23年)[[6月]]:近隣の[[シネマコンプレックス]]<ref group="脚注">同劇場を中心とした10km圏内には[[広島イースト#ワーナー・マイカル・シネマズ広島|ワーナー・マイカル・シネマズ広島]]、[[イオンモール広島府中ソレイユ#広島バルト11|広島バルト11]]、[[フジグラン緑井#TOHOシネマズ緑井|TOHOシネマズ緑井]]、[[アルパーク#109シネマズ広島|109シネマズ広島]]の4サイトが存在する。</ref>に客足を奪われたことや、建物の老朽化などの事情により閉館を発表する<ref>{{Cite web|date=2011-06-07|url=http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201106070077.html|title=最後の老舗 広島宝塚閉館へ|publisher=中国新聞|language=日本語|accessdate=2011-07-15}}</ref>。
* 2011年(平成23年)[[8月31日]]:午後6時42分終映の『[[コクリコ坂から]]』(宝塚1)をもって完全閉館。新天地劇場時代から60年の歴史に幕を下ろす。
 
;広島県内にある東宝系の[[シネマコンプレックス]]
*TOHOシネマズ緑井 - [[フジグラン緑井]]内。TOHOシネマズ直営。
*広島バルト11 - [[イオンモール広島府中ソレイユ]]内。[[ティ・ジョイ]]([[東映]]系)とTOHOシネマズの共同経営。運営はティ・ジョイ主体である。
 
== 外部リンク ==

案内メニュー