「大国主の神話」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
(→‎解説: 代旧事本紀)
 
===根の国訪問===
オオナムヂが根の国のスサノオの家までやって来ると、スサノオの娘の[[スセリビメ]](須勢理毘売命)が出て来た。2柱は互いに見つめ合い一目惚れした。スセリビメが父のスサノオに「とても立派な神が来られました」と報告したので、スサノオは呼び入れてオオナムヂと会ったが「ただの醜男ではないか。葦原色許男神(アシハラシコヲ)と言った方が良い。蛇の室(むろや)にでも泊めてやれ」と、蛇がいる室に寝させた。スセリビメは「蛇の比礼(ひれ:女性が、結ばずに首の左右から前に垂らす[[スカーフ]]の様なもの)」を葦原色許男神(つまり根の国での大国主の名)にさずけ、蛇が食いつこうとしたら比礼を三度振るよういった。その通りにすると、蛇は自然と鎮まったので、葦原色許男神は無事に一晩寝て、室を出ることができた。次の日の夜、スサノオは葦原色許男神をムカデと蜂がいる室で寝させた。スセリビメは「ムカデと蜂の比礼」をさずけたので、葦原色許男神は無事に室を出ることができた<ref>戸部民夫 『日本神話』 82-84頁。</ref>。
 
スサノオは鳴鏑(なりかぶら)を広い野原の中に射込み、その矢を拾ってくるよう葦原色許男神に命じた。葦原色許男神がその野原に入ると、スサノオは火を放ってその野原を焼き囲んだ。葦原色許男神が困っていると鼠が来て、「内はほらほら、外はすぶすぶ」(穴の内側は広い、穴の入り口はすぼまって狭い)といった。その意味を解して葦原色許男神がその場を踏んでみると、地面の中に穴が空いていて、そこ落ちて隠れることができ、その間に火が過ぎていった。その鼠はスサノオが射った鳴鏑を咥えて持って来た。スセリビメは葦原色許男神が死んだと思って泣きながら葬式の準備をしていた。スサノオはさすがにこれで死んだだろうと思って野原に出てみると、そこに矢を持った葦原色許男神が帰って来た<ref>戸部民夫 『日本神話』 84-87頁。</ref>。
匿名利用者

案内メニュー