「続・社長外遊記」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
|次作=[[社長紳士録]]
}}
『'''続・社長外遊記'''』(ぞくしゃちょうがいゆうき)は、[[1963年]][[5月29日]]に[[東宝]]系で公開された[[日本映画]]。カラー。[[東宝スコープ]]。93分。副題は『'''Aloha 3 gents'''』(アロハスリージェンツ)。
 
==概要==
『[[社長シリーズ]]』第19作で、引き続き[[ハワイ]]が舞台となり、劇中では[[三木のり平]]演じる珍田部長が女装して[[フラダンス]]を踊る珍場面がる。またラスト、全てが上手くいった[[森繁久彌]]扮する風間社長が観客を向いて「'''ちょっと話が上手く出来過ぎてると思わんかね?'''」と発言する、楽屋落ちもる。
 
なおこの年はシリーズは4作製作されたが、翌[[1964年]]からは毎年2作に固定される。
 
==スタッフ==
 
==参考文献==
*「演技者 小林桂樹の全仕事」([[ワイズ出版]]) 417頁 1996年
 
==関連項目==
*[[社長外遊記]]
*[[ハワイ]]
*[[阪急百貨店]]
 
{{デフォルトソート:そくしやちようかいゆうき}}
[[Category:社長シリーズ]]
[[Category:日本の映画作品]]
[[Category:1963年の映画]]
[[Category:コメディ映画]]
[[Category:松林宗恵の監督映画]]
[[Category:ハワイを舞台とした作品]]
[[Category:東宝]]
{{Movie-stub}}
匿名利用者

案内メニュー