「内外転」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
ぶんるい>分類
(http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%86%85%E5%A4%96%E8%BB%A2&action=submit)
m (ぶんるい>分類)
{{音韻学}}
'''内外転'''(ないがいてん)すなわち'''内転'''(ないてん)と'''外転'''(がいてん)とは[[中国音韻学]]の用語であり、[[漢字]]の[[中古音]]をぶんるい分類した[[等韻図]]などにおいて[[韻腹]](主母音)を内外2種に分けて分類したものをいう。現代的な音素記号では外転系が{{Ipa|a}}、内転系が{{Ipa|ə}}と表され、現代中国語の[[韻母]]の分類にも使われている。転とはもともと[[悉曇学]]の用語であり、[[サンスクリット]]音韻学の影響を受けている。
 
[[音読み|日本漢字音]]においては「ア」「エ」がだいたい外転、「イ」「オ」「ウ」がだいたい内転である。
781

回編集

案内メニュー