「りそな銀行本社ビル」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(新しいページ: '{{基礎情報 超高層ビル |ビルディング名称 = りそな銀行本社ビル |画像 = 300px |画像説明 = |画像2 =...')
 
'''りそな銀行本社ビル'''(りそなぎんこうほんしゃビル)は日本の大阪府大阪市中央区備後町二丁目に所在する超高層建築物である。別称は'''旧大和銀行本店ビル'''、'''りそな銀行本店ビル'''、'''りそな銀行大阪本店ビル'''など。
 
== 概要沿革 ==
[[りそな銀行]]の前身である[[大和銀行]]ではその、同行が前商号である大阪野村銀行時代のであった1924年(大正13年)以来、同年に同行の本店として建築された[[堺筋野村ビルディング]]を本店としたが、同行では同建物を「大和銀行本店ビル」として建て替えの議に至っることを決定したので同建物の新館・旧館および附帯施設を取り壊した跡地において1991年(平成3年)7月竣工した。大和銀行は2003年(平成15年)あさひ銀行と合併しりな銀行となった規模・構造はで、りな銀行本社ビルと改称さぞれ、鉄骨鉄筋コンクリート構造た。合併後は同行および鉄骨構造の地上25階、地下4階建て高さ121メートルの超高層であ[[、敷地面積は6,322平方メそなホにして延床面積は60,136平方メートルである。設計は、[[安井建築設計事務所ディングス]]の登記上の本店[[東畑建築事務本社]]の2社からなる設計共同企業体によるもので、敷には植え込みを配した[[公開空地]]設けらおかれておりいたが同年の[[大阪施設緑化賞]](みどの景観賞)優秀賞を受賞している。また堺筋野村ビそなホールディングの柱の一部スは2010年(平成22年)6月25日を保存されいる登記上の本社を東京に移転した
 
== 建築概要 ==
鉄骨鉄筋コンクリート構造および鉄骨構造の地上25階、地下4階建て、高さ121メートルの超高層であり、敷地面積は6,322平方メートルにして延床面積は60,136平方メートルである。設計は、[[安井建築設計事務所]]・[[東畑建築事務所]]の2社からなる設計共同企業体によるもので、敷地には植え込みを配した[[公開空地]]が設けられており、同年の[[大阪施設緑化賞]](みどりの景観賞)優秀賞を受賞している。また堺筋野村ビルディングの柱の一部も保存されている。
 
== 参考文献 ==
787

回編集

案内メニュー