「石井修 (国際政治学者)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(Cat+4)
'''石井 修'''(いしい おさむ、[[1936年]][[10月25日]] - )は、[[日本]]の[[国際政治学者]]、[[一橋大学]][[名誉教授]]。専攻は、国際政治史、アメリカ外交史、日米関係史。
 
==略歴・人物==
[[1962年]]、[[東京大学]]経済学部卒業。[[1962年]]から[[1967年]]まで[[東京銀行]]勤務。[[1977年]]に[[ラトガーズ大学]]大学院歴史学部博士課程修了(Ph.D、歴史学)。
 
[[1978年]]に[[広島大学]]総合科学部講師、[[1979年]]に同助教授。[[オーストラリア国立大学]]での在外研究を経て、[[1982年]]に広島大法学部教授。[[プリンストン大学]]や[[テキサス大学]]での在外研究を経て、[[1990年]][[一橋大学]]法学部教授。[[1999年]]に一橋大を定年退官した後、[[明治学院大学]]法学部教授(1999-2005年)、[[帝京大学]]法学部教授(2005-2007年)を歴任した。
 
その他、[[国際大学]]大学院国際関係学研究科、[[東京大学]]教養学部、[[岡山大学]]文学部などでも教鞭をとる。[[日本アメリカ学会]]評議員・監事、[[日本国際政治学会]]理事等を歴任。[[1994年]]から[[1997年]]まで[[日本学術会議]]法学政治学教育制度研究連絡委員会委員を務めた。
 
国際政治史に関する様々な実証的研究で知られる。また、国内政治分析の概念であった[[55年体制]]を応用し、同時代の[[国際政治]]における現象だった[[冷戦]]についても、[[1955年]]を契機に「分断による安定」「(軍事)力による安定」の形で常態化が始まっていたとする「冷戦の55年体制」という視点を示した。近年は[[米国立公文書館]]などに所蔵されている戦後日米関係文書の編纂・刊行を行なっている。
 
==著作==
[[Category:日本の政治学者]]
[[Category:国際関係研究者]]
[[Category:アメリカ合衆国史の歴史学者]]
[[Category:一橋大学の教員]]
[[Category:広島大学の教員]]
匿名利用者

案内メニュー