コンテンツにスキップ

「ドイツ表現主義」の版間の差分

文献の存在・非存在および文献に記載されていることを記述
編集の要約なし
(文献の存在・非存在および文献に記載されていることを記述)
 
[[ナチス・ドイツ]]時代は、「[[退廃芸術]]」の一つと規定され、激しい弾圧を受けた。
 
==「ドイツ表現主義」「ドイツ表現派」という呼び方について==
日本においては、単なる「表現主義」(「表現派」)ではなく「ドイツ表現主義」(「ドイツ表現派」)という言い方がなされることがあるが、これがどのような経緯で使われるようになったかについて明確に記載している文献は存在しない。ただ、 [[第二次世界大戦]]前から日本で「ドイツ表現派」という呼び方が用いられていたことを示す、次のような文献が存在する。
 
#大正11年(1922年)11月雑誌『解放』:山岸光宣「独逸表現派の社会革命劇 トルレルの『転変』を中心として」
#大正12年(1923年)1月3日-2月2日『東京朝日新聞』:田中總一郎「独逸表現派戯曲家」
 
また、この「ドイツ表現主義」「ドイツ表現派」という呼び方が、日本特有のものなのか、日本以外の国でも用いられているのかについても、明確に記載している文献は存在しない。
 
なお、『カラー版20世紀の美術』(監修・末永照和、[[美術出版社]]、2000年)においては、見出しにおいて(「ドイツ表現主義」という表現ではなく)「ドイツの表現主義」という表現を用いている(11ページ)。
 
==関連項目==
3,638

回編集