「洋上風力発電」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
スウェーデン
m (スウェーデン)
1991年に史上初めて洋上風力発電所が建設されたのは、ヨーロッパのデンマークであった。それ以来、ヨーロッパが洋上風力発電の歴史をリードしている。<ref name=eesi2010/> ヨーロッパで2008年に建設された風力発電の総発電量28GWのうち、0.8GWが洋上に建設されたものである。<ref>http://www.bwea.com/pdf/publications/CapReport.pdf</ref>2009年の10月の時点で、ヨーロッパで26箇所の洋上風力発電所が建設中であり、それらの発電所は平均して76MWの出力がある<ref>''Offshore Wind Energy'', The Windenergie-Agentur Bremerhaven/Bremen, 2009 Issue.</ref>。2010年現在の各国における洋上風力発電所の総発電能力においては、イギリスが1.3 GWとずば抜けており、ヨーロッパの残りの国の総発電能力を合わせた1.1 GWよりもはるかに高い数値となっている。<ref name="nef">[http://newenergyfocus.com/do/ecco/view_item?listid=1&listcatid=32&listitemid=4397&section=Wind UK reaches 5GW of installed wind landmark] ''New Energy Focus / [[BWEA]]'', 23 September 2010. Retrieved: 8 November 2010.</ref> 以下、デンマーク(854 MW)、オランダ(249 MW)、ベルギー(195 MW)、スウェーデン(164 MW)、ドイツ(92 MW)、アイルランド(25 MW)、フィンランド(26 MW)、ノルウェー(2.3 MW)と続く<ref>{{cite web |url=http://www.renewableenergyworld.com/rea/news/article/2011/01/offshore-wind-booming-in-europe??cmpid=WNL-Friday-January21-2011 |title=Offshore Wind Booming in Europe |date=January 20, 2011 |work=Renewable Energy World }}</ref>。
 
2010年現在、洋上風力発電用のタービン([[風力原動機]])に関しては[[デンマーク]]に拠点を置く[[Siemens Wind Power]]社([[シーメンス]]社の子会社)と[[ベスタス]]社が市場シェアの 91.8%を担っている。 導入実績に関しても[[Dong Energy]]社(デンマーク)、[[バッテンフォール]]社(ゥエウェーデン)、[[E.ON]]社(ドイツ)とヨーロッパの電力会社がリードしている<ref name=btm2010o/>。2010年10月の時点で、北ヨーロッパを中心に3.16 GWの発電能力があるが、現在の発注状況からすると、2014年の終わりまでにさらに16GW以上の洋上風力発電が導入され、とりわけイギリスとドイツの2国がリーディングマーケットになるだろうと考えられている。全世界的な観点から見た場合、2020年までに全世界の洋上風力発電による電力の総計は75GWに達すると見られており、とりわけ中国とアメリカでの伸びが期待されている<ref name=btm2010o/>。
 
== 技術 ==
<references/>
 
{{Template:発電の種類}}
 
{{デフォルトソート:ようしようふうりよくはつてん}}
2,700

回編集

案内メニュー