「放射性同位体」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: ku:Radyoîzotopa sîntêtî)
 
== 概要 ==
同じ元素で[[中性子]]の数が違う核種の関係を[[同位体]]と呼ぶ。同位体は安定なものと不安定なものがあり、不安定なものは時間とともに放射性崩壊して[[放射線]]を発する。これが'''放射性同位体'''である。放射性同位体の例としては、[[三重水素]]、[[炭素14]]、[[カリウム]]40、[[ヨウ素]]131などがあげられる。
 
放射性同位体は[[アルファ崩壊]]により[[原子番号]]と[[質量数]]の異なる核種へ<ref>原子番号2、質量4それぞれ減少し、[[ヘリウム|ヘリウム4]](<sup>4</sup>He)を放出する</ref>、または[[ベータ崩壊]]により同質量数で原子番号の異なる核種<ref>中性子1つが陽子1つに変化し、原子番号1増加</ref>へと放射性崩壊を起こす。
匿名利用者

案内メニュー