「日本医療機能評価機構」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
 
==概要==
それまで日本においてはほとんど実績がなかった第三者機関による[[医療機関]]の評価を行い、それらの機関が質の高い医療サービスを提供していくための支援を行うことを目的としている<ref name="ihara"/>。財団は東京都[[千代田区]]三崎町に所在し、理事長を井原哲夫(慶應義塾大学[[経済学部]]名誉教授)、副理事長を横倉義武([[日本医師会]]副会長、[[福岡県医師会]]会長)、専務理事を[[河北博文]]([[河北総合病院]]理事長)がそれぞれ務める<ref>[http://jcqhc.or.jp/html/documents/pdf/directors_20100722.pdf 日本医療機能評価機構 役員名簿(平成22年7月現在)]</ref>。財団設立を主導したのは河北であり<ref name="gshm">[http://gshm.sfc.keio.ac.jp/organization/iryo.html 教員紹介(2010年4月1日現在) 河北博文] 慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科</ref>、その設立までには15年を要したとしている<ref>[http://www.hosoda.co.jp/event/tusin/vol23/index.html 杉並人(第23回)河北博文さん] 『リボン館通信』 2005年4月号</ref>。
 
しかしながら財団の事業開始から13年を経た{{jdate|2008}}の時点で審査・認定を受けているのは2,530病院であり<ref>{{jdate|2008|8|25}}現在</ref>、全国の病院の約28%に留まる。その後も日本医療機能評価機構の認定を受ける病院の数は伸び悩み、新たに審査を受ける病院が減少する一方で、認定の更新を見合わせる病院も増加している<ref name="nikkei">「曲がり角の病院機能評価 手間、費用の割にメリット少なく非更新の病院も」 『日経メディカル』(日経BP社) 2010年9月号
288

回編集

案内メニュー