「JR東海キヤ95系気動車」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
|台車 = 軽量ボルスタレス台車<br />* C-DT60A形(動力)<br />* C-TR249形(付随)<br />コイルバネダイレクトマウント台車<br />* C-TR250形(付随中間)
|ブレーキ方式= [[電気指令式ブレーキ]]<br />機関ブレーキ・コンバータブレーキ
|保安装置= ATS-P<small>T</small> ATS-S<small>T</small> EB装置 TE装置
|備考= 2M1T編成。中間車は付随車。
|製造メーカー= [[日本車輌製造]]
車両には[[架線]]との接触状態などを確認するための下枠交差式[[集電装置|パンタグラフ]]が1基搭載されている。パンタグラフの近くには確認用のドーム型の小窓が設置されている。
 
ATS-P<small>T</small>への対応は改造によって行われた。
== 車両構成と役割 ==
{{Vertical_images_list
匿名利用者

案内メニュー