「週刊 赤川次郎」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
{{基礎情報 テレビ番組
|番組名=週刊 赤川次郎
|画像=
|画像説明=
|ジャンル=[[テレビドラマ]]
|放送時間=火曜日 17:30 - 18:00
|放送分=30
|放送枠=ドラマ530
|放送期間=[[2007年]][[7月3日]] - [[9月25日]]
|放送回数=13
|放送国={{JPN}}
|制作局=[[テレビ東京]]<br />[[エピックレコードジャパン]]<br />[[読売広告社]]<br />[[博報堂DYメディアパートナーズ]]
|企画=一志順夫、渡辺和哉
|製作総指揮=
|監督=
|演出=石川北二、滝本登鯉<br />谷口昌晃、千村利光
|原作=[[赤川次郎]]
|脚本=[[草野陽花]]、木村卓矢 ほか
|プロデューサー=木村京太郎、小川文平<br />山川典夫、伊賀宣子
|出演者=[[岩田さゆり]]<br />[[はねゆり]]<br />[[平田薫 (タレント)|平田薫]]<br />[[北原雅樹]]<br />[[平泉成]]<br />[[やついいちろう]]<br />([[エレキコミック]])<br />[[スネオヘアー]] ほか
|音声=
|字幕=[[文字多重放送]]
|OPテーマ=
|EDテーマ=[[スネオヘアー]]<br />「気まぐれな季節のせいで」
|外部リンク=http://www.tv-tokyo.co.jp/akagawa/
|外部リンク名=公式サイト
|特記事項=
}}
{{ドラマ}}
『'''週刊 赤川次郎'''』は、[[2007年]][[7月3日]]から[[9月25日]]まで[[テレビ東京]]系列で毎週火曜日17:30~1830 - 18:00([[日本標準時|JST]])に放映された[[テレビドラマ]]。全13話。[[文字多重放送|字幕放送]](一部地域を除く)・[[ハイビジョン制作]]。
 
== 概要 ==
[[赤川次郎]]の短編集を[[オムニバス]]スタイルのドラマとして放送しているのが本作である。このドラマは『'''少年少女ドラマ'''』とあるように、子供から大人まで楽しめる構成となっている。また、オムニバスにすることでそれぞれの話をテンポよく進ませることができ、視聴者を飽きさせない展開になっていることも見逃せない要素となっている。
 
{{ネタバレ|週刊 赤川次郎|スキップ=作動}}
 
== あらすじ ==
''';幽霊屋敷の電話番(第1話第13話)'''
:売れない[[アイドル]]のひかりは、マネージャーの太田が取ってきたテレビの仕事で、ある屋敷の一室にいた。そこでひかりはたった一人で一晩を過ごすこととなるのだが、実は3年前に大学の学部長・梅津が妻子とともに一家心中した場所であった。
:その時、部屋にある電話が鳴り出した。その電話の向こうにいたのは…?
 
''';美しい闇(第1話第6話)'''
:3か月前、トンネル内で殺人事件が発生。その現場を偶然通りかかった[[盲目]]の少女・礼美は視力回復の手術を翌日に控えていた。執刀医である黒田はそんな礼美の心の支えとなっていた。黒田の婚約者を名乗るインターンの京子は、二人の様子に嫉妬し、礼美に接近。一方、黒田の元には殺人事件を捜査している宇田刑事が現れた。殺人事件の真相はいかに?
 
''';青春の決算(第7話第13話)'''
:安部の妻・靖代は自分がガンに侵され、あと一年の命だという宣告を受け、ショックのあまり倒れてしまう。自宅に戻った翌日、靖代は一人娘の絹江の制服を着て、安部と絹江の前に現れる。ガン告知のショックで精神が17歳に戻ってしまった靖代は、今が真夏であるにもかかわらず、「今日[[3月17日]]は私にとって忘れられない日になるの」と告げる。そして二人を振り切って家を飛び出した矢先、大富豪・宮島の乗った車にはねられてしまう。靖代の願いを叶えるため、宮島から贈られた一億円を使い、絹代は23年前のブラスバンド部卒業パーティーを再現させようと、当日参加した卒業生・在校生の協力を仰ぐことに。果たして当日一体何があったのか?
 
''';代筆(第1話第5話)'''
:とあるバーで、加藤は気になる相手からもらった[[恋文|ラブレター]]の返事をどうしようか悩んでいた。友人の太田に代筆を頼むも、いい返事をもらえずじまい。そんな加藤にバーのマスターがある男の話を始める。その男・行村は同じ会社で好意を寄せるOL・遥に送るラブレターの代筆を、同僚の啓子から紹介された代書人に依頼。初めは行村も大満足する内容が綴られていたが、何通も代筆を依頼するにつれ、次第に代書人の方が暴走し始めたのだ。果たして行村と遥の恋の結末は…?
 
''';迷いの季節(第6話第10話)'''
:石川は社内の揉め事を穏便に解決し、会社を辞めようとする社員を一人でも多く出さないようにする目的で設けられた部署・総務部調整課で、日々たった一人で奔走していた。会社に異動を再三申し出ているものの、石川の希望は聞き入れられないままでいた。そんな中、総務部に新入社員の伊東が配属された。伊東はなぜか石川の仕事に興味を持ち、石川も伊東に好青年の印象を抱く。しかし…。
 
''';夏休み(第11話第13話)'''
:モテない汗っかきサラリーマンの竹中は、毎年夏休みの時期になると、みんなが希望する休暇の帳尻合わせによって、いつも華やかな休暇を諦めていた。ところが会社のマドンナ的存在である知子から旅行に誘われたことから、竹中は自分を改造しようと、身なりにも気を使うようになる。しかし、知子の誘いにはある事実が隠されていた…。
 
== キャスト ==
{{ネタバレ|;幽霊屋敷の電話番|スキップ=作動}}
'''幽霊屋敷の電話番'''
*石川ひかり(18) - [[岩田さゆり]]
:デビュー2年目の[[アイドル]]で、[[ミステリー]]と関西弁を話す男性が好き。仕事で滞在した旧梅津邸で加代子からの電話を受け、彼女のために奔走する。シリーズ全体を通じてのヒロインを演じる。
*刑事 - [[木村卓矢]]
*[[竹下明希]]
{{ネタバレ終了|幽霊屋敷の電話番}}
 
''';美しい闇'''
{{ネタバレ|美しい闇|スキップ=作動}}
*丸山礼美(18) - [[はねゆり]]
:トンネルで起きた殺人事件の現場に偶然居合わせた盲目の少女。両親とは幼い頃に事故で死別し、視力もその時に失った。ひかりの幼なじみ。
*[[本多順子]]
*村瀬香奈
{{ネタバレ終了|美しい闇}}
 
''';青春の決算'''
{{ネタバレ|青春の決算|スキップ=作動}}
*安部絹江(17) - [[平田薫 (タレント)|平田薫]]
:安部と靖代の一人娘で、高校生。
:大富豪。ふとしたことから興味を抱いた安部家に一億円を贈る。
*看護士 - [[水野以津美]]
{{ネタバレ終了|青春の決算}}
 
''';代筆'''
{{ネタバレ|代筆|スキップ=作動}}
*加藤祐一(31) - [[北原雅樹]]
:サラリーマンで、太田とは大学時代からの友人。大学時代には[[円周率]]研究会に所属。バーでマスターから偶然ラブレターの代書人の話を耳にする。
*波岡啓子(27) - [[吉岡麻由子]]
:行村と同じ会社に勤めるOL。遥のことで相談に乗り、代書人のことを行村に教える。
{{ネタバレ終了|代筆}}
 
''';迷いの季節'''
{{ネタバレ|迷いの季節|スキップ=作動}}
*石川辰雄(52) - [[平泉成]]
:ひかりの父。黒須商事で、たった一人の部署・総務部調整課の課長。とある事情で退職後は、ひかりのファンクラブ名誉会長に就任。
:総務部調整課に相談に訪れるOL。
*総務部のOL - 樋口史
{{ネタバレ終了|迷いの季節}}
 
''';夏休み'''
{{ネタバレ|夏休み|スキップ=作動}}
*竹中雄太(28) - [[やついいちろう]]([[エレキコミック]])
:黒須商事の営業事業部に勤める、モテない汗っかきのサラリーマン。
*同じ部のOL - [[福田ゆみ]]
*同じ部のOL - [[太田詩音]]
{{ネタバレ終了|夏休み}}
 
''';ストーリー間のMC'''
*[[スネオヘアー]]
:部屋で、スネオヘアーが赤川次郎の短編作品を集めた週刊誌『週刊 赤川次郎』を読む過程で、ドラマが進行していく設定。そのため第2話以降は、各ストーリーの冒頭で前回のあらすじを紹介する際、「前号まで」というテロップが出ている。またスネオヘアーは、MCというよりも、'''赤川作品の「一読者」'''としての立ち位置となっている。
:番組と連動したCMである、『週刊スネオヘアー』と『今週のスネオヘアー』が放送されている。いずれも番組スポンサーである、[[エピックレコードジャパン]]と[[プレイステーション]]によるもの。『週刊スネオヘアー』では、毎週スネオヘアーが自らの楽曲を演奏。また『今週のスネオヘアー』では、[[プレイステーション3]]のソフトを紹介しており、いずれも番組中にスネオヘアーが登場する部屋が舞台となっている。
 
==スタト局 ==
{| class="wikitable" style="text-align:center"
|-
!放送対象地域!!放送局!!系列!!放送期間!!放送時間!!遅れ日数
|-
|[[広域放送|関東広域圏]]||[[テレビ東京]]<br />'''(制作局)'''||rowspan="6"|[[TXN|テレビ東京系列]]||rowspan="6"|[[2007年]][[7月3日]] - [[9月25日]]||rowspan="6"|火曜日 17:30 - 18:00||rowspan="6"|同時ネット
|-
|[[北海道]]||[[テレビ北海道]]
|-
|[[愛知県]]||[[テレビ愛知]]
|-
|[[大阪府]]||[[テレビ大阪]]
|-
|[[岡山県・香川県の放送|岡山県<br />香川県]]||[[テレビせとうち]]
|-
|[[福岡県]]||[[TVQ九州放送]]
|-
|[[岐阜県]]||[[岐阜放送]]||[[全国独立UHF放送協議会|独立UHF局]]||2007年[[7月24日]] - [[10月16日]]||火曜日 19:00 - 19:27||21日遅れ
|}
 
== スタッフ ==
*原作 - 赤川次郎
:「幽霊屋敷の電話番」 '''『幽霊屋敷の電話番』'''
*演出 - [[石川北二]]、[[滝本登鯉]]、[[谷口昌晃]]、[[千村利光]]
*製作 - 「週刊 赤川次郎」製作委員会([[エピックレコードジャパン]]・[[読売広告社]]・[[博報堂DYメディアパートナーズ]])
 
== ネット局 ==
<table border="1" cellpadding="2" class="wikitable">
<tr>
<th>地域</th>
<th>放送局</th>
<th>系列</th>
 <th>放送期間</th>
<th>放送曜日と時間</th>
<th>放送日遅れ</th>
</tr>
<tr>
<td align="center">[[広域放送|関東広域圏]]</td>
<td align="center">[[テレビ東京]]【製作局】</td>
<td align="center" rowspan="6">[[TXN|テレビ東京系列]]</td>
 <td rowspan="6">[[2007年]][[7月3日]]~[[9月25日]]</td>
<td rowspan="6">火曜日 17:30~18:00</td>
<td rowspan="6" align="center">同時ネット</td>
</tr>
<tr>
<td align="center">[[北海道]]</td>
<td align="center">[[テレビ北海道]]</td>
</tr>
<tr>
<td align="center">[[愛知県]]</td>
<td align="center">[[テレビ愛知]]</td>
</tr>
<tr>
<td align="center">[[大阪府]]</td>
<td align="center">[[テレビ大阪]]</td>
</tr>
<tr>
<td align="center">[[岡山県]]・[[香川県]]</td>
<td align="center">[[テレビせとうち]]</td>
</tr>
<tr>
<td align="center">[[福岡県]]</td>
<td align="center">[[TVQ九州放送]]</td>
</tr>
</tr>
<td align="center">[[岐阜県]]</td>
<td align="center">[[岐阜放送]]</td>
<td rowspan="2" align="center">[[全国独立UHF放送協議会|独立U局]]</td>
 <td align="center">[[2007年]][[7月24日]]~[[10月16日]]
<td>火曜日 19:00~19:27</td>
<td align="center">21日遅れ</td>
</tr>
</table>
 
== 関連項目 ==
* [http://www.tv-tokyo.co.jp/akagawa/ テレビ東京 週刊赤川次郎公式サイト]
 
{{前後番組|
|放送局=[[テレビ東京TXN|テレビ東京系]]|
|放送枠=[[ドラマ530|火曜17:30枠]]|
|前番組=[[美少女戦麗舞パンシャーヌ 奥様はスーパーヒロイン!|美少女戦麗舞パンシャーヌ<br />奥様はスーパーヒロイン!]]<br />(2007.4.3 - 2007.6.26)|
|番組名=週刊 赤川次郎<br />(2007.7.3 - 2007.9.25)|
|次番組=[[美容少年★セレブリティ]]<br />(2007.10.2 - 2007.12.25)|
}}
 
匿名利用者

案内メニュー