差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
→‎藩史: 藩政の開始期。
義直と親吉が[[尾張国|尾張]]に加増移封された後、[[徳川秀忠]]の三男で[[徳川家光]]の弟・[[徳川忠長]]が[[駿府城|駿河国府中]]に入る。この時に[[遠江国|遠江]]・甲斐も忠長の所領とされた。忠長はやがて素行の悪さから改易される。
 
その後、甲斐は[[幕府直轄領]]となっていたが、慶安4年(1651年)には家光の三男である[[徳川綱重]]の入封でが甲斐を拝領し甲府藩が復活した成立する綱重は嗣子の無い兄・[[甲府徳川家綱]]の後継者と目さによる甲斐統治はそまでの幕府代官を召抱え在地支配を委託していたが早世し寛文元年には家臣団への知行宛行・代官など支配機構の整備や甲斐国内[[徳川家宣]](当時は綱豊)が後旗本領の整理など継ぐ。しかし行い嗣子藩政支配無い[[徳川綱吉]]が娘婿である[[徳川綱教]]死後、綱豊を後継者と決め、家宣として[[江戸城]]西の丸に移ることとなっ開始された。
 
綱重は嗣子の無い兄・[[徳川家綱]]の後継者と目されていたが早世し、子の[[徳川家宣]](当時は綱豊)が後を継ぐ。しかし、嗣子が無い[[徳川綱吉]]が娘婿である[[徳川綱教]]死後、綱豊を後継者と決め、家宣として[[江戸城]]西の丸に移ることとなった。
 
その後、綱吉政権下で有力となった[[側用人]]・[[柳沢吉保]]が15万石で入る。甲斐には将軍の一族以外が入るという例は無く、これは異例中の異例のことである。つまり、吉保はそれだけ綱吉からの信任を得ていたのであろう。吉保隠居後は、吉保の長男・[[柳沢吉里]]が家督を継ぐが、享保時代、[[徳川吉宗]]によって吉里は[[大和国]][[郡山藩]]に移封された。
15,505

回編集

案内メニュー