コンテンツにスキップ

「パラノイア (映画)」の版間の差分

編集の要約なし
* ジャナ・マーサー:[[ブリジット・バーコ]]
:20年前の一家惨殺事件の生き残りの女性。現在はニューヨークで暮らしており、職業は建築家で成功を納めているが、事件の恐怖により精神分析に頼っており異様に闇を恐れている。中盤で再会した幼馴染のマークと相思相愛になり一時期恋人関係となる。
:カルビンの出所に再び恐怖を感じるが、勝気な性格であるため恐怖を乗り越え自分の力のみでカルビンと戦うことを決意。家族の仇を討てるためカルビンとの戦いに喜びを感じ、カルビンに奇作により重傷を負わせ、殺す寸前まで追い込むが止めを刺す寸前の所をマイクに止められたため殺害をやめる。カルビンが逮捕され、帰宅するが今度はカルビンの友人であったマークの兄であるデヴィッドに襲撃され危機に陥る。しかし、そこにマークが駆けつけジャナ自身もダビヴィッドに羽交い絞めにされた状態で反撃し、デヴィッドはマークに射殺される。その後、過去の因縁からマークに別れを告げるが、失っていた笑顔を取り戻した。
 
* カルビン・ホークス:[[ラリー・ドレイク]]
匿名利用者