「第1コンスル」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[画像:3 consuls.jpg|thumb|3人のコンスル:左からジャン=ジャック・レジ・ド・カンバセレス、ナポレオン・ボナパルト、シャルル=フランソワ・ルブラン]]
<!-- そのまま訳すると「た」の連続になってしまったので所々現在形にしています。たんなる好みの問題なので、お好みでお書き換えください。-->
'''第1コンスル'''(だいいちコンスル、[[フランス語|仏]]:Premier Consul)あるいは'''第1執政'''(だいいちしっせい)または'''第1統領'''(だいいちとうりょう)は、[[ナポレオン・ボナパルト]]により[[フランス]]の権力奪取の後用いられた肩書きである。当初は同じ権限を持つ3人のコンスルが置かれた。
 
1799年11月9日の[[ブリュメールのクーデター]]の後、ナポレオンと[[エマニュエル=ジョゼフ・シエイエス]]によって設立された執政政府(統領政府、{{enlink|French Consulate|Le Consulat|p=off|s=off}}, 1799年 - 1804年)に3人のコンスルが置かれた。当初、3人のコンスルは同じ権限を持つとされたが、やがてナポレオンが3人の中の最強の者となった。
匿名利用者

案内メニュー