「KJ・ヌーンズ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(strikeforce: LA)
|}}
 
'''カール・ジェームス・"KJ"・ヌーンズ'''('''Karl James "KJ" Noons'''、男性、[[1982年]][[12月7日]] - )は、[[アメリカ合衆国]]の[[総合格闘家]]、[[プロボクサー]]。[[ハワイ州]][[カイルア・コナ]]出身。シティ・ボクシング所属。元[[Elite Xtreme Combat|EliteXC]][[ライト級]]王者。'''KJヌーン'''とも表記される。
 
== 来歴 ==
2007年11月10日、EliteXCでライト級王座(-73kg)を賭け[[ニック・ディアス]]と対戦。下馬評ではディアス有利と言われた<ref>[http://news.livedoor.com/article/detail/3383716/ KJ・ヌーン、ディアスを破りEXC世界スーパーライト級王者に] MMA PLANET 2007年11月12日</ref>が、ボクシングでディアスの左瞼をカットし1R終了時にドクターストップで勝利。ライト級初代王者となった。
 
[[2008年]]6月14日、EliteXCで[[イーブス・エドワーズ]]と対戦、開始48秒、右ストレートからのパウンドでKOし、地元ハワイで初防衛に成功した。試合のマイクアピールでは乱入したディアスの挑発によって乱闘騒ぎとなった<ref>[http://news.livedoor.com/article/detail/3684898/ 【EXC】KJ・ヌーン 48秒衝撃のTKO決着!試合後、ぷっつんディアズと乱闘劇] MMA PLANETMMAPLANET 2008年6月15日</ref>。
 
2008年9月19日、ニック・ディアスとのタイトルマッチを拒否したため、EliteXCから王座を剥奪された<ref>[http://elitexc.proelite.com/stuff/blog/127746/ELITEXC_STRIPS_KJ_NOONS_OF_LIGHTWEIGHT_TITLE ELITEXC STRIPS KJ NOONS OF LIGHTWEIGHT TITLE] EliteXC公式サイト 2008年9月19日</ref>。
 
[[2010年]]3月22日、[[DREAM]]初参戦となった[[DREAM.13]]で[[アンドレ・ジダ]]と対戦し、判定勝ち。6月16日、初出場となった[[Strikeforce]]の[[Strikeforce: Los Angeles|ロサンジェルス大会]]で[[コナー・ヒューン]]に2-1の判定勝ち<ref>[http://mmaplanet.jp/archives/1246098.html 【Strikeforce】KJ・ヌーン、苦しみながらも初陣飾る] MMA PLANETMMAPLANET 2010年6月18日</ref>。8月21日、「[[Strikeforce: Houston]]」で[[ジョルジ・グージェウ]]にKO勝ちを収めた<ref>[http://mmaplanet.jp/archives/1289759.html 【Strikeforce】KJ、KO勝ちもレフェリングに問題有り!?] MMAPLANET 2010年8月22日</ref>。10月9日、「[[Strikeforce: Diaz vs. Noons II]]」において[[ニック・ディアス]]とウェルター級タイトルマッチで再戦、判定負けで王座獲得を逃した<ref>[http://mmaplanet.jp/archives/1317350.html 【Strikeforce】ニックが因縁にケリ、KJを破り王座防衛] MMAPLANET 2010年10月10日</ref>。
 
== 戦績 ==
=== 総合格闘技 ===
{{MMA recordbox
|total=1113
|wins=910
|KOwins=78
|subwins=0
|decwins=2
|otherwins=0
|losses=23
|KOloss=1
|subloss=1
|decloss=01
|otherloss=0
|draws=0
{{Fight-start}}
{{Fight-header}}
{{Fight-cont|×| [[ニック・ディアス]]| 5分5R終了 判定0-3| [[Strikeforce: Diaz vs. Noons II]]<br />【Strikeforce世界ウェルター級タイトルマッチ】| 2010年10月9日}}
{{Fight-cont|○| [[ジョルジ・グージェウ]]| 2R 0:19 KO(パウンド)| [[Strikeforce: Houston]]| 2010年8月21日}}
{{Fight-cont|○| [[コナー・ヒューン]]| 5分3R終了 判定2-1| [[Strikeforce: Los Angeles]]| 2010年6月16日}}
{{Fight-cont|○| [[アンドレ・ジダ]]| 2R(10分/5分)終了 判定3-0| [[DREAM.13]]| 2010年3月22日}}
{{Fight-cont|○| [[ニック・ディアス]]| 1R終了時 TKO(左瞼カット)| EliteXC: Renegade<br />【EliteXC世界ライト級王者決定戦】| 2007年11月10日}}
{{Fight-cont|○| [[エジソン・ベルト]]| 3R 0:45 TKO(膝蹴り)| ShoXC 1| 2007年7月27日}}
{{Fight-cont|×| [[チャールズ・ベネット (格闘家)|<small>チャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネット</small>]]| 1R 3:43 TKO(右フック)| EliteXC: Destiny| 2007年2月10日}}
{{Fight-cont|○| ハリス・サリエント| 3R 4:37 TKO| ICON Sport: Opposites Attract| 2005年10月28日}}
{{Fight-cont|○| ブライソン・カマカ| 1R 1:20 KO(キック)| SuperBrawl: Icon| 2005年7月23日}}
2,615

回編集

案内メニュー