「奎宿」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(出典明示要請)
{{告知|質問|ε And が距星だったのはいつの事か}}
{{二十八宿}}
'''奎宿'''(けいしゅく・とかきぼし)は[[二十八宿]]の一つで、西方[[白虎]]七宿の第1宿。{{要出典範囲|[[距星]]は[[アンドロメダ座]]η星。|date=2009年1月}}
<!--手持ちの資料では、いずれも ζ And になっている。<ref>[[藪内清|藪内 清]] 「中国・朝鮮・日本・[[インド|印度]]の星座」 『星座』〈新天文学講座1〉(再版) [[野尻抱影]] 編、[[恒星社厚生閣]]、1958年(初版 1957年)、125頁 (第1表)。</ref><ref>[[原恵|原   恵]] 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』(新装改訂版・3刷) 恒星社厚生閣、2000年(初版 1975年)、305頁 (付録 「5. 中国の二十八宿一覧表」 中)。</ref><ref>[[鈴木敬信]] 『天文学辞典』 [[地人書館]]、1986年、511頁左 (二十八宿の項の表 「二十八宿」 中)。</ref><ref>[[大崎正次]] 『中国の星座の歴史』(再版) [[雄山閣出版]]、1987年(初版 1987年)、4頁(表 「(A) 二十八宿」 中)''et passim''。</ref>-->
 
主体となる星官([[星座]])としての奎宿はアンドロメダ座の[[アンドロメダ座イータ星|&eta;]]、[[アンドロメダ座ゼータ星|&zeta;]]、[[アンドロメダ座イオタ星|&iota;]]、[[アンドロメダ座イプシロン星|&epsilon;]]、[[アンドロメダ座デルタ星|&delta;]]、[[アンドロメダ座パイ星|&pi;]]、[[アンドロメダ座ニュー星|&nu;]]、[[アンドロメダ座ミュー星|&mu;]]、[[ミラク|&beta;]]の9星と、[[うお座]]の[[うお座76番星|76番]]、[[うお座タウ星|&tau;]]、[[うお座イオタ星|&iota;]]、[[うお座ニュー星|&nu;]]、[[うお座ファイ星|&phi;]]、[[うお座カイ星|&chi;]]、[[うお座プサイ1星|&psi;<sup>1</sup>]]の7星によって構成される。
 
{{要出典範囲|なお、奎宿の距星は時代と共に変化しており、アンドロメダ座&epsilon;星であったが、[[唐]]の[[開元]]年間に行われた観測ではアンドロメダ座&delta;星、[[明]]の[[崇禎]]年間の観測ではアンドロメダ座&eta;星であった。|date=2009年1月}}
 
== 天区内の星官 ==
匿名利用者

案内メニュー