「ジョージ・アダムス・リーランド」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
定義文に補筆、参考文献追加
(カテゴリ追加)
(定義文に補筆、参考文献追加)
'''ジョージ・アダムス・リーランド'''(George Adams Leland, [[1850年]][[9月7日]] - [[1924年]][[3月17日]])は[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[医師]]、[[教育者]]。[[1878年]]([[明治]]11年)9月日本政府の招聘によって来日し、1881年(明治14年)7月の離日まで[[体操伝習所]]教授として学校体操の指導者養成に尽力した。
 
1850年[[ボストン]]に生まれる。[[アマースト大学]]を経て1874年[[ハーバード大学]]医学部に入学。1878年医学博士となった。しかしここで一旦医学を離れることとなる。
 
== 参考文献 ==
* 今村嘉雄「ジョージ・アダムス・リーランド : 明治体育史に登場する人々」(『体育の科学』第11巻第8号、体育の科学社、1961年8月)
* 木下秀明「近代日本の体育思想(2) : G.A.リーランド」(『体育の科学』第14巻第4号、体育の科学社、1964年4月)
* 古賀徹「[http://www.nuedu-db.on.arena.ne.jp/pdf/031/31-r-005.pdf 「体操」科導入の系譜 : 明治初期初等教育教科内容における米国の影響・日米比較研究の一環として]」(『教育学雑誌』第31号、日本大学教育学会、1997年3月)
* 大櫃敬史「[http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/29528/1/73_P1-34.pdf リーランド招聘に関する経緯 : アマースト大学所蔵文書の分析を中心として]」(『北海道大学教育学部紀要』第73号、1997年6月)
* 大櫃敬史「[http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/29585/1/78_P1-28.pdf 文部省雇教師G.A.リーランドの滞日書簡 : 日本近代体育の一断面]」(『北海道大学教育学部紀要』第78号、1999年6月)
* 大櫃敬史「[http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/38706/1/107_002.pdf G.Aリーランドとアメリカン・ボード 来日米国人宣教師文書及びリーランド書簡(1880年10月17日付)の分析を通して]」(『北海道大学大学院教育学研究院紀要』第107号、2009年6月)
 
===書籍===
* 水野忠文ほか 『体育史概説 -: 西洋・日本- 杏林書院、1961体育の科学社、1966。(1985年 10月、ISBN 978-4764415058)4764415058
* 岸野今村嘉三編 十九世紀に於ける日本体育史講義の研究 [[大修館不昧堂書店]]19841967、ISBN 978-44692610113月
** [[能勢今村嘉雄著『一]] 『明治期学校十九世紀に於ける日本体育の研究 -学校体操の確立過程- 不昧堂出版書店19951989 ISBN 978-48293030163月
* 今村嘉雄『学校体育の父リーランド博士』不昧堂書店、1968年
* 岸野雄三編著『体育史講義』[[大修館書店]]、1984年2月、ISBN 9784469261011
* [[能勢修一]]著『明治期学校体育の研究』不昧堂書店、1995年2月、ISBN 4829303018
* 大櫃敬史編著『近代日本体育の父 リーランド博士全集 1 アマースト大学と体育教育の成立』紫峰図書、2003年9月、ISBN 4915911039
 
== 外部リンク ==
15,648

回編集

案内メニュー