「マンドロンチェロ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
型について
m
(型について)
 
楽譜もヴィオロンチェロと同じく、[[ヘ音記号]]で表記される。独奏楽器として書かれる場合には、ト音記号を使い1オクターヴ高く表記する場合もある。
 
セロにはフラット型とラウンド型がある。フラット型はボディが平たくしゃもじを大きくした形に似ており、ラウンド型はマンドリンを大きくした形に似ている。
 
{{DEFAULTSORT:まんとろんちえろ}}
8

回編集

案内メニュー