「マックス・デルブリュック」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(Cat+1、加筆。)
'''マックス・ルードヴィヒ・ヘニング・デルブリュック'''(Max Ludwig Henning Delbrück、[[1906年]][[9月4日]] - [[1981年]][[3月9日]])は、[[ドイツ]]出身の[[アメリカ合衆国]]の[[生物物理学]]者者で、1969年度の[[ノーベル生理学・医学賞]]および[[ルイザ・グロス・ホロウィッツ賞]]受賞者。
 
デルブリュックは[[ドイツ]]の[[ベルリン]]で生まれた。父の[[ハンス・デルブリュック]]は[[フンボルト大学ベルリン|ベルリン大学]]の[[歴史学者]]で、母は[[ユストゥス・フォン・リービッヒ]]の孫娘だった。
 
デルブリュックは[[宇宙物理学]]を勉強していたが、[[ゲッティンゲン大学]]で[[理論物理学]]に転向した。1930年に博士号を取得すると、彼は[[イングランド]]、[[デンマーク]]、[[スイス]]などを旅した。この途中で[[ウォルフガング・パウリ]]、[[ニールス・ボーア]]らと出会うことによって彼は生物学に興味を持った。1932年にベルリンに帰国し、[[リーゼ・マイトナー]]の助手になった。

案内メニュー