「ヴェズルフェルニル」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
{{要出典範囲}}と間違えて{{要出典}}が使われている記事と分類するためのフラグ
m ({{要出典範囲}}と間違えて{{要出典}}が使われている記事と分類するためのフラグ)
'''ヴェズルフェルニル'''([[古ノルド語]]:Veðrfölnir)とは、[[北欧神話]]に登場する[[鷹]]である。
 
『[[ギュルヴィたぶらかし]]』によると、[[トネリコ]]([[ユグドラシル]]のこととされる)の枝に留まる1羽の[[鷲]]の[[眉間]]に1羽の鷹が留まっており、その鷹の名前がヴェズルフェルニルであるという。ヴェズルフェルニルが留まっている鷲の名は明らかにされていないが、『[[フョルスヴィーズルの言葉]]』に言及される雄[[ニワトリ|鶏]][[ヴィゾフニル]]と同一視されることもある{{要出典|title=この鷲を何らかの名前で呼んでいる例を求む。新紀元社や『よくわかる』本でもよい|date=2008年10月}}。
 
ヴェズルフェルニル (Veðrfölnir) という名前は、17世紀の[[写本]]『[[AM 738 4to]]』の挿絵にも見られる。
94,774

回編集

案内メニュー