コンテンツにスキップ

「長艸敏明」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
'''長艸 敏明'''(ながくさ としあき、1948年 - )は[[刺繍]]家・着物デザイナー・[[京繍伝統工芸士]]。[[京都]][[西陣]]生まれ。
 
 
[[立命館大学]][[経営学部]]を経て、日本刺繍の世界へ。以後、世界を舞台に幅広い分野で活躍。
 
 
1994年能衣装・小袖展([[パリ]]・バガテル城、パリ市後援)で、日本よりも先に欧州のデザイナー・芸術家から高い評価を受ける。また、[[クリスチャンディオール]]のデザイナーとしても知られる[[ジョン・ガリアーノ]]のディオール復帰コレクションに大きな影響を与えたとされる。
 
 
[[立命館大学]][[経営学部]]を経て、日本刺繍の世界へ。以後、世界を舞台活躍。、1995年[[エルメス]]本店([[パリ]])のディスプレイ、1998年[[飛騨高山祭]]・屋台懸装制作(龍・虎)、京都[[祇園祭]]・[[白楽天山]](見送り幕)修復、2000年[[パリ・コレクション]](シェレルコレクション)協力、2003年[[相国寺]](京都[[法被八角龍]]の修復などを手掛けるなど、日本を代表するデザイナーであている。
 
 
[[能装束]]などの舞台衣装や歴史的文化財の修復など、伝統文化とその技術を継承・保存する立場を厳しく貫く一方、欧州のコレクションへの協力やタペストリーやドレス、時計などの[[刺繍]]作品・商品などの制作で、卓越した芸術感覚と技術力により分野・国を限定せず、[[京刺繍]]の魅力を発揮させてきたといえる。
 
また氏は、[[着物]]における[[刺繍]]作品(商品)について、その美しさから鑑賞作品として買い求める希望も多いが、[[着物]]は着てもらうことを前提にしなければ売ることができないという信念を持っているといわれている。
 
 
日本では文化財の修復など一般には認知されにくい業績から、芸術家・デザイナーとしては、海外や特定の専門家間による評価の方が高く、伝統工芸士としては異色であるが日本を代表するデザイナーである。
 
 
 
妻は[[長艸 純恵]]。ともに[[刺繍]]作家・着物デザイナー・[[京繍伝統工芸士]]。夫の重厚で伝統的な作品に対し、女性的な魅力を持ち美しくも優しい作品に女性を中心とした多くの愛好者がいる。代表作に繍半襟「源氏物語五十四帖」、繍団扇「花源氏物語」などがある。
 
[[立命館大学]][[経営学部]]を経て、日本刺繍の世界へ。以後、世界を舞台に活躍。[[エルメス]]本店([[パリ]])のディスプレイ、[[飛騨高山祭]]・屋台懸装制作(龍・虎)、京都[[祇園祭]]・[[白楽天山]](見送り幕)修復、2000年[[パリ・コレクション]](協力)を手掛けるなど、日本を代表するデザイナーである。
 
== 主な受賞歴 ==
*京都染色綜合展・[[通商産業省|通産省]]生活産業局長賞(1993年)
*三軌会展・[[文部省|文部]]大臣奨励賞(1994年)
 
== 外部リンク ==
匿名利用者