「スティーヴ・ハケット」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
interwiki
m (interwiki)
スティーヴ・ハケット(Steve Hackett 本名:Stephen Richard Hackett [[1950年]][[2月12日]] -)は、[[イギリス]]、[[ロンドン]]出身の[[ギタリスト]]。
 
 
1970年、クワイエット・ワールド(Quiet World)でデビュー。その直後、[[アンソニー・フィリップス]]に替わって[[ジェネシス (バンド)|ジェネシス]]に加入。同バンドのサード・アルバム(Nursery Cryme「怪奇骨董音楽箱」1971年)から1977年のライヴ・アルバム(Seconds Out「幻惑のスーパー・ライヴ」)まで参加し、以降は主にソロ・アーティストとして活動している。ソロ活動では弟のジョン・ハケット([[フルート]]奏者)との共演も多い。
 
その他の活動として、1986年に[[スティーヴ・ハウ]]と結成した[[GTR (バンド)|GTR]]や、1990年代中庸に[[ジョン・ウェットン]]、[[イアン・マクドナルド]]らと組み、ジェネシス、[[キング・クリムゾン]]の音楽を再現したライヴ・ツアーが知られている。
 
 
アグレッシヴでトリッキー、サステインを効かせた、俗に言う「泣き」のフレージングなどが、プレイの特徴としてよく挙げられる。また、トレモロ奏法なども駆使した本格的な[[クラシック・ギター]]演奏も、彼の音楽の大きな部分を占める。そしてあまり披露しないが[[ブルース]]にも造詣が深く、[[ブルースハープ]]も得意としている。
[[category:ギタリスト|はけつとすていふ]]
[[category:1950年生|はけつとすていふ]]
 
[[de:Steve Hackett]]
[[en:Steve Hackett]]
[[fr:Steve Hackett]]
[[it:Steve Hackett]]
[[pl:Steve Hackett]]
[[sv:Steve Hackett]]
[[es:Steve Hackett]]
2,743

回編集

案内メニュー