「膿」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
必要のない文の削除
(この項目に関係ない文章の削除)
(必要のない文の削除)
'''膿'''(うみ)は、[[化膿]]した際に傷口から出てくる黄白色で[[アルカリ性]]の[[液体]]。'''膿汁'''(のうじゅう)とも呼ばれる。これは[[微生物]]を食べる過程で崩壊した[[白血球]]や他の[[組織 (生物学)|組織]]が崩壊したもの、その他の死んだ又は生きている[[真正細菌|細菌]]などである。膿の有形成分を膿球、液体成分を膿清と呼ぶ。
 
[[デオキシリボ核酸]]及び[[リボ核酸]]の[[核酸]]が[[フリードリッヒ・ミーシャー|ミーシャー]]によって最初に発見されたのは膿からであった。これは、膿には白血球の[[細胞核|核]]が多量に集まるため、ここから核内の[[物質]]をさがそうとの目的で[[研究]]が行なわれた結果である。時々相撲関連の不祥事のニュースで見られる関係者が枕詞として使う「膿を出し切る」の膿はこれが語源である。
 
 
匿名利用者

案内メニュー