「杉浦幸」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
編集の要約なし
{{Otheruses|女優の杉浦'''幸'''|元[[アイドル]]で[[モデル (職業)|モデル]]、[[タレント]]の杉浦'''未幸'''|杉浦未幸}}
'''杉浦幸'''(すぎうら みゆき、[[1969年]][[4月5日]] - )は[[女優]][[タレント]]。所属[[芸能事務所|事務所]]は[[ファイブシーズンプロダクション]]。[[東京都]][[東村山市]]出身、[[血液型]]は、AB型。
 
 
 
==人物概要==
* 1985年、[[フジテレビジョン|フジテレビ]]系で放送された[[大映テレビ]]制作の[[テレビドラマ|ドラマ]]「[[ヤヌスの鏡]]」でヒロインとしてデビューし、アイドル女優として活躍した。歌手としては、デビュー曲「悲しいな」はオリコンウィクリーチャートで堂々4位初登場と好調な出足。当時、雑誌[[Momoco]]にて、同期アイドルデビューの[[西村知美]]、[[島田奈美]]等とともに猛プッシュされた。その後、彼女の持ち味の[[毒舌]]がいかされ、同期デビューの[[山瀬まみ]]をラジオ共演中泣かせたりもした(山瀬まみが、[[ガチャポン]]のガムベンダーを購入した事に対して、杉浦幸の「アホらしい、まみちゃん」の一言で)。1990年に入り、ホリプロを退社して移籍。その後は[[パチンコ]]への造詣を深めて、CSテレビ放送の番組のMCを担当している他、バラエティーやテレビショッピングにも出演している。
* TBS系の人気クイズ番組「[[クイズダービー]]」にゲスト出演した際(当時19歳)、丸文字で答えを書くため、それを見た司会者の[[大橋巨泉]]はかなりにやけていた。巨泉は杉浦のことを「みゆきちゃん」と呼ぶが、当時2枠レギュラーに[[井森美幸]]が居たため、かつての[[斉藤慶子]]、[[竹下景子]]の「けいこちゃん」違いと同様紛らわしかったが、その時巨泉は井森を「イモリ」と苗字で呼んでいた。ゲスト出演時代の成績は4勝20敗、勝率1割6分6厘。ちなみに井森が2枠レギュラーに起用された時、杉浦もレギュラー候補に挙がっていた。
* [[2003年]]に[[TBSテレビ|TBS]]「ロンロバハイティーンブギ」で[[24時間テレビ 「愛は地球を救う」|24時間テレビ]]の楽屋で歌手[[森川美穂]]と、殴り合いの喧嘩をしたことも暴露する。(AD(ADが止めにきてその場はおさまったらしいが、森川と横並びの時、目も合わせず募金をしていたとのこと)
* [[2005年]][[11月2日]]放送の[[愛のエプロン]]では80年代アイドル対決と称し初登場を飾り、[[オムレツ]]と[[ラザニア]]を作ったが、時間配分をミスしたためか[[オムレツ]]は全ての味がバラバラとなり、[[ラザニア]]はパスタは生のままだったのと[[チーズ]]と間違えて[[バター]]をブロックごと入れたため、バターがオーブンの熱で溶けてしまいその油分が底に溜まってしまった。このため結局ジャッジは最下位となり、今までこの番組で多くのジャッジマンを地獄へ導いた[[インリンオブジョイトイ]]や初代ワーストエプロン女王である[[堀越のり]]を越えると言われた。「エチケットタイム」(ジャッジマンがあまりのマズさに耐え切れず、[[リバース]]をすること)では、「ヤヌスの鏡」の映像が流れていた。
*デビュー20周年記念アルバム『STILL CONTINUING LIVING』自主制作にてリリース。
*ドラマ「このこ誰の子?」に出演していた際、相手役である[[岡本健一]]のファンからカミソリやゴキブリの死骸が送られて来たことがあり、酷いときには段ボール2箱分もあった。さらに、イベントでその岡本と一緒に登場したときには「帰れ!」と罵声を浴びせられ、非常に落ち込んだ。また「ヤヌスの鏡」で共演した[[初井言榮]]には「(杉浦を)いじめないでください」との手紙が多数届いた。杉浦演ずる主人公を厳しくしつける役だったからだが、実際にはスタッフに叱られた際などに庇ってもらったなど本当に優しいいい人で、大好きだったと語っている。<ref>ハウスオブドレッド編著、「懐かしの青春ドラマ大図鑑」、ジャパンミックス㈱1997年6月25日発行(杉浦幸インタビュー、147ページ)</ref>
 
==出演==
===テレビドラマ===
*[[ヤヌスの鏡#ドラマ|ヤヌスの鏡]](1985(1985年12月-1986年4月、[[大映テレビ]][[フジテレビジョン|フジテレビ]]系)主演 - 小沢裕美 / 大沼ユミ 役
*[[このこ誰の子?]](1986(1986年10月-1987年3月、大映テレビフジテレビ系)主演 - 杉浦葵 役
*[[制作2部青春ドラマ班]](1987(1987年10月、[[テレビ朝日]]系)
*[[藤子不二雄の夢カメラ#連続ドラマ版|藤子不二雄の夢カメラ]](1988(1988年2月 - 3月、[[東映]]フジテレビ系)
*[[はぐれ刑事純情派]] <small>第4話「ビデオ女優を探せ」</small>(1988(1988年、東映[[朝日放送]])
*[[長七郎江戸日記]] <small>第50話「狸がくれた五千両」</small>(1989(1989年、[[ユニオン映画]][[日本テレビ放送網|日本テレビ]]系) - お春 役
*[[世にも奇妙な物語]] <small>「あの世への伝言サービス」</small>(1991(1991年、フジテレビ系)
*[[必殺仕事人激突!]] <small>第4話「八百屋お七の振袖」</small>(1991(1991年、[[松竹]][[朝日放送]]) - お小夜 役
*[[いたずら電話をする女]]([[TBSテレビ|TBS]]系)
*[[風雲!江戸の夜明け]](1989(1989年1月 - 3月、[[テレビ東京]])主演 - 美雪 役
*[[はぐれ刑事純情派|はぐれ刑事純情派3]] <small>第2話「大阪悲歌パチスロの女」</small>(1990(1990年、東映朝日放送)
*[[火曜サスペンス劇場]]「眠れぬ夜のために」(1991(1991年10月、日本テレビ系 / [[にっかつ撮影所]])
*[[仔犬のワルツ]](2004(2004年4月 - 6月、日本テレビ系) - 水無月律子 役
 
===その他のテレビ===
* [[クイズダービー]](TBS)(TBS)
* パチプロ放浪記([[CS放送]]・Big~Bigチャンネル)
* パーラードンキホーテII年末年始大感謝祭 杉浦幸炎のリベンジ(CS(CS放送・Big~Bigチャンネル)
* 杉浦幸の必勝!パチ塾(CS(CS放送[[MONDO21]])
* [[愛のエプロン]]([[テレビ朝日]]) - ゲスト
* 玉パラワイド([[京都放送]] 2006年10月) - パーソナリティー「Queen MIYUKI」として
* [[ロンドンハーツ]](テレビ朝日) - ゲスト
* [[Dのゲキジョー]](フジテレビ)
* [[森田一義アワー 笑っていいとも!|笑っていいとも!]][[テレフォンショッキング]](フジテレビ)
* [[一枚の写真]](フジテレビ)
 
===映画===
*[[湘南爆走族]](1987(1987、東映) - 三好民子 役
*[[キスより簡単 (映画版)|キスより簡単]](1989(1989年、東映) - 泉りいこ 役
*[[シャイなあんちくしょう]](1991(1991年、東映) - 出口みゆき 役
 
===ビデオシネマ===
*ストロベリータイムス 杉浦幸の個人教授 (1989(1989年、[[バンダイビュジュアル]])
*危険な恋の物語 (1992(1992年、[[アズバーズ]]))
*首都高速トライアル5 FINAL BATTLE (1992(1992年、[[にっかつ]]ビデオ))
*味見師竜馬 性のソムリエ (1996(1996年、[[キングレコード]])
*浪花パチプロ 梁山泊4 全国制覇への幕開け (1997(1997年、[[ケイエスエス]])
*アクセル ~ブチギレ女の暴走クラッシュ~ (2000(2000年、[[レジェンドピクチャーズ]])
 
===CM 他イメージモデルなど===
*'''[[資生堂]]'''(1985(1985)
: ヤング化粧品イメージガール
*'''[[グリコ共同乳業]]'''(1987(1987)
: 『'''カフェゼリー'''』
 
!rowspan="2" style="font-size:larger;"|[[悲しいな]]
|rowspan="2"|1986年1月27日
|rowspan="2"|4位(15(15万6千枚)
|rowspan="2"|作詞: [[売野雅勇]]<br />作曲: [[岸正之]]<br />編曲: [[若草恵]]
| -
|-
|'''B/W : 初めまして'''<br />作詞:売野雅勇 作曲:[[中崎英也]] 編曲:若草恵<br />(CD(CDシングル『悲しいな』 c/w: 4月列車(10SL-112)は<br />1988年3月25日発売)
|-
|rowspan="2"|2nd
!rowspan="2" style="font-size:larger;"|[[4月列車]]
|rowspan="2"|1986年4月21日
|rowspan="2"|7位(4(4万9千枚)
|rowspan="2"|作詞: [[秋元康]]<br />作曲: [[井上大輔]]<br />編曲: [[矢島賢]]
| -
|-
|'''B/W : 私がいない'''<br />作詞:秋元康 作曲:井上大輔 編曲:[[新川博]]<br />(CD(CDシングル『悲しいな』 c/w: 4月列車(10SL-112)は<br />1988年3月25日発売)
|-
|rowspan="2"|3rd
!rowspan="2" style="font-size:larger;"|[[六本木十時軍]]
|rowspan="2"|1986年7月21日
|rowspan="2"|13位(3(3万枚)
|rowspan="2"|作詞: [[栃内淳]]<br />作曲: [[渡辺勝 (音楽家)|渡辺勝]]<br />編曲: 矢島賢
| -
|-
|'''B/W : 真夏のアマン'''<br />作詞:[[今村未仁]] 作曲:渡辺勝 編曲:矢島賢<br />(CD(CDシングル『六本木十時軍』 c/w: 午前0時の I NE<br />ED YOU』(10SL-113)は1988年3月25日発売)
|-
|rowspan="2"|4th
!rowspan="2" style="font-size:larger;"|[[午前0時の I NEED YOU]]
|rowspan="2"|1986年11月17日
|rowspan="2"|23位(1(1万7千枚)
|rowspan="2"|作詞: 栃内淳<br />作曲: [[西村麻聡]]<br>編曲: 西村麻聡
| -
|-
|'''B/W : <ruby><rb>√17</rb><rp>(</rp><rt>ルート セブンティーン</rt><rp>)</rp></ruby>'''<br />作詞:栃内淳 作曲:[[古竪整]] 編曲:[[戸塚修]]<br />(CD(CDシングル『六本木十時軍』 c/w: 午前0時の I NE<br />ED YOU(10SL-113)は1988年3月25日発売)
|-
|rowspan="2"|5th
!rowspan="2" style="font-size:larger;"|[[―045―-045-]]
|rowspan="2"|1987年2月25日
|rowspan="2"|33位(1(1万4千枚)
|rowspan="2"|作詞: [[田口俊]]<br />作曲: [[佐藤健 (作曲家)|佐藤健]]<br />編曲: 戸塚修
| -
|-
|'''B/W : やさしすぎる、寂しすぎる'''<br />作詞:[[麻生圭子]] 作曲:[[和泉常寛]] 編曲:戸塚修<br />(CD(CDシングル『―045―-045-』 c/w: 花のように(10SL-114)<br />は1988年3月25日発売)
|-
|rowspan="2"|6th
!rowspan="2" style="font-size:larger;"|[[花のように / 砂浜にルージュ]]
|rowspan="2"|1987年6月10日
|rowspan="2"|14位(3(3万2千枚)
|rowspan="2"|作詞: [[矢野顕子]]<br />作曲: 矢野顕子<br />編曲: 若草恵
|初の両A面シングル<br />'''01. 花のように<br />'''[[グリコ共同乳業]] '87 CMソング
|-
|'''02. 砂浜にルージュ'''<br />作詞:麻生圭子 作曲:佐藤健 編曲:若草恵<br />(CD(CDシングル『―045―-045-』 c/w: 花のように(10SL-114)<br />は1988年3月25日発売)
|-
|rowspan="2"|7th
!rowspan="2" style="font-size:larger;"|[[18のSecret]]
|rowspan="2"|1987年11月10日
|rowspan="2"|43位(8(8千枚)
|rowspan="2"|作詞: [[伊秩弘将]]<br />作曲: 伊秩弘将<br />編曲: 若草恵
|杉浦幸としての実質上のラストシングル
|-
|'''B/W : 愛してあげる'''<br />作詞:栃内淳 作曲:[[矢島マキ]] 編曲:若草恵
|-
|rowspan="2"|サントラ盤
!rowspan="2" style="font-size:larger;"|パチンコミュージックフロム<br />・SANKYO~SANKYO SPECIAL <br />~愛のパチパチロック~
|rowspan="2"|1996年2月21日
|rowspan="2"| 位
|rowspan="2"|作詞: <br />作曲: <br />編曲:
|'''[[愛のパチパチロック]]'''<br />杉浦幸 with P.P.O. 名義での作品
|-
{| border="1" cellpadding="3" cellspacing="1" style="font-size:smaller; border-collapse:collapse;"
|- style="background:#e5e5e5;"
! style=|
! style=|タ イ ト ル
! style=|発 売 日
|1st
!style="font-size:larger;"|First
|1986年3月26日<br />(CD:4(CD:4月25日)
|9位(2(2万枚)
|01. ヴァージンティアーズ<br />02. ドラマ<br />03. 悲しいな<br />04. 瞳はテレパシー<br />05. 仮名の告白<br />06. ヨコハマシャドウ<br />07. 友達<br />08. 初めまして<br />09. 秘密<br />10. ミステリアス
|-
|2nd
!style="font-size:larger;"|Ten at Nite
|1986年9月10日<br />(CD:9(CD:9月25日)
|33位(8(8千枚)
|01. 夜を盗んで<br />02. 近道(ショートカット)<br />03. 過去形へ<br />04. <ruby><rb>0</rb><rp>(</rp><rt>ゼロ</rt><rp>)</rp></ruby>の<ruby><rb>夜曲</rb><rp>(</rp><rt>セレナーデ</rt><rp>)</rp></ruby><br />05. 4月列車<br />06. GOMEN -脆いシーズン-<br />07. 六本木十時軍<br />08. フォグランプ<br />09. 肩ごしに…<br />10. 8月のサンタクロース
|-
|Mini
!style="font-size:larger;"|newoman -新女類-
|1986年12月16日<br />(CD:12(CD:12月21日)
|48位(4(4千枚)
|01. タイムス ―100-100まで数えて-<br />02. 原宿式<br />03. Advantage You<br />04. 曖昧(アドリブ)<br />05. 黄昏発 ―6-6時17歳-<br />06. ノンシビア
|-
|Best
|1987年12月10日
|
|01. 悲しいな<br />02. 二年目(ジンクス)<br />03. 六本木十時軍<br />04. 18のSecret<br />05. ナイーヴ(NAIVE)(NAIVE)<br />06. 花のように<br />07. 午前0時の I NEED YOU<br />08. ―045―-045-<br />09. 4月列車<br />10. せつなさのPOSITION
|-
|再発廉価盤
|1996年4月25日
|
|01. ヴァージンティアーズ<br />02. ドラマ<br />03. 悲しいな<br />04. 瞳はテレパシー<br />05. 仮名の告白<br />06. ヨコハマシャドウ<br />07. 友達<br />08. 初めまして<br />09. 秘密<br />10. ミステリアス<br />11. 二年目(ジンクス)<br />12. ナイーヴ(NAIVE)(NAIVE)<br />13. 18のSecret
|-
|再発廉価盤
|1996年4月25日
|
|01. 夜を盗んで<br />02. 近道(ショートカット)<br />03. 過去形へ<br />04. <ruby><rb>0</rb><rp>(</rp><rt>ゼロ</rt><rp>)</rp></ruby>の<ruby><rb>夜曲</rb><rp>(</rp><rt>セレナーデ</rt><rp>)</rp></ruby><br />05. 4月列車<br />06. GOMEN -脆いシーズン-<br />07. 六本木十時軍<br />08. フォグランプ<br />09. 肩ごしに…<br />10. 8月のサンタクロース<br />11. 午前0時の I NEED YOU<br />12. ―045―-045-<br />13. 花のように<br />14. せつなさのPOSITION
|-
|20周年記念
|2005年12月21日
|
|01. 悲しいな<br />02. 今夜はANGEL<br />03. やさしすぎる、寂しすぎる<br />04. 悲しいな (カラオケ)<br />05. 今夜はANGEL (カラオケ)<br />06. やさしすぎる、寂しすぎる (カラオケ)<br />07. From Miyuki 4 U<br /><br />自主制作によるデビュー20周年記念アルバム<br />M-01,M-03 セルフカヴァー<br />M-02 [[椎名恵]]のデビューシングルで、杉浦自身の<br />デビュー作『[[ヤヌスの鏡#ドラマ|ヤヌスの鏡]]』主題歌のカヴァー
|-
 
|}
 
 
==ビジュアル==
===DVD・VIDEODVD~VIDEO===
*'''First'''(1986(1986年、[[VHS]][[ベータマックス|β]][[LD]]、[[ワーナーパイオニア]])
*'''Siglo de oro 金色の時刻(とき)'''(1989(1989年、VHS、[[東宝]])
*'''アイドル黄金伝説'''(2001(2001年、VHS、ビデオメーカー)
*'''WILLS ~生まれたままのワタシ~'''(2002(2002年、VHS・DVDVHS~DVD、[[竹書房]])
*'''ヌードメイキングビデオ'''(2002(2002年、DVD)DVD)
*'''Mai lani'''(2003(2003年、DVD、竹書房)
 
===写真集===
匿名利用者

案内メニュー