「筑波大学」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
* Enthusiasm(情熱にあふれ集中力が高いこと)
* Intelligence(知性に富み体系的な知識をもつこと)
 
2010年には学長とOB一倉氏のタッグによってTSUKUBA BRANDING PROJECTが始まった。
これはIMAGINE THE FUTUREを標語とし、筑波大学を未来構想大学として
ブランド化するプロジェクトである。
 
=== 教育および研究 ===
 
積極的に産学連携活動を行っており、筑波大学発ベンチャー数は平成18年度末で61件(日本の大学で第3位)である。また、平成18年度の大学発ベンチャー新設数は8件(日本の大学で第1位)である。<ref>[http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/internship/index_UV.html 経済産業省 関東経済産業局 大学発ベンチャーについて]</ref>
 
2008年11月より学生活動支援GPに採択されたつくばアクションプロジェクト(T-ACT)が開始されている。
これは学生の主体的な活動を支援する目的で大学・教員・学生の相互的な支援ネットワークを構築し
活動のスタートアップサポートを行う組織である。
 
== 沿革 ==
* 文化系サークル連合会(通称:文サ連)
:現代視覚文化研究会は、{{要出典範囲|筑波大学出身の漫画家[[木尾士目]]の作品である『[[げんしけん]]』のモチーフとされている。|2008年8月16日 (土) 15:50 (UTC)}}
 
* 体育会
:蹴球部[[筑波大学硬式野球部|硬式野球部]]、柔道部、剣道部などが存在する。
医学系の学生を主な対象とした医学支部も設置されている。
ダンス部は国立大学最強であり、全日本高校・大学ダンスフェスティバルでは文部科学大臣賞(優勝)を平成13年から平成19年にかけて5度受賞している。
 
* 芸術系サークル連合会(通称:芸サ連)
:毎年「つくば芸術祭」というイベントを主催しており、20年以上の歴史がある。
:アカペラサークルDoo-wopからはLAG FAIRのボイスパーカッションである「おっくん」を輩出している。
:津軽三味線倶楽部 無弦塾は井坂先生の指導のもと、名取(プロ)を何名も輩出している。学生サークルで唯一愛知万博に参加したサークルであり、台湾など海外への公演も行った。
:THK筑波放送協会は、[[NHK全国大学放送コンテスト]]で好成績をおさめており、卒業生には声優やアナウンサーもいる。
 
匿名利用者

案内メニュー