「山体崩壊」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
* [[1707年]] [[宝永地震]]による[[大谷崩れ]]
* [[1741年]] [[渡島大島]]の噴火に伴う崩壊
* [[1792年]] 島原半島眉山の崩壊(後述、[[島原大変肥後迷惑]]も参照
* [[1858年]] [[飛越地震]]による[[鳶山崩れ]](大鳶崩れ)
* [[1888年]] [[磐梯山]]の崩壊(後述)
* [[1911年]] [[稗田山崩れ]]([[長野県]][[小谷村]])
* [[1961年]] [[昭和36年梅雨前線豪雨#大西山の崩壊|大西山の崩壊]](長野県[[大鹿村]])
* [[1980年]] [[セント・ヘレンズ山]]の崩壊
* [[1984年]] [[長野県西部地震]]による[[御嶽山 (長野県)|御嶽山]]の崩壊
 
大谷崩れ、鳶山崩れ、稗田山崩れを「日本三大崩れ」と称することがある。
 
=== 磐梯山 ===
[[1888年]]、[[水蒸気爆発]]が引き金となって磐梯火山で大規模な崩壊が発生。岩屑なだれによって[[長瀬川 (福島県)|長瀬川]]がせき止められ、[[桧原湖]]、[[小野川湖]]、[[秋元湖]]、[[五色沼 (福島県北塩原村)|五色沼]]などの湖沼ができた。
 
=== 島原半島 ===
{{main|島原大変肥後迷惑}}
[[1792年]]、[[雲仙岳]]の眉山の山体崩壊が発生。大規模な岩屑なだれが発生し、[[有明海]]に流れ込んで大きな[[津波]]を引き起こした。眉山の崩壊の原因はまだはっきりしていない点が多いが、地震動によるものとの説が有力である。この崩壊は、対岸の熊本県側に津波を生じさせ、死者15,000人を越える災害となった。
 
=== 磐梯山 ===
''詳細は[[島原大変肥後迷惑]]を参照のこと。''
[[1888年]]、[[水蒸気爆発]]が引き金となって磐梯火山で大規模な崩壊が発生。岩屑なだれによって[[長瀬川 (福島県)|長瀬川]]がせき止められ、[[桧原湖]]、[[小野川湖]]、[[秋元湖]]、[[五色沼 (福島県北塩原村)|五色沼]]などの湖沼ができた。
 
=== その他 ===
20世紀末以降の研究によれば、[[ハワイ諸島]]や[[カナリア諸島]]の巨大[[盾状火山]]で、桁違いに巨大な山体崩壊が度々発生してきたことが明らかになった。この崩壊の結果、北太平洋または北大西洋一帯に波高数十メートルの津波が押し寄せたと見られている。
 
近い将来に噴火するとされる[[富士山]]でも、大規模な山体崩壊が起きるのではないかと懸念されている。
 
== 山体崩壊の影響 ==
16,054

回編集

案内メニュー