「アメリカ合衆国社会党」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
[[1958年]]、[[第四インターナショナル]]に加盟していた[[社会主義労働者党 (アメリカ)|社会主義労働者党]]を離党した[[マックス・シャハトマン]]率いる[[トロツキスト]]の[[独立社会主義者同盟]]が社会党に加入した。
 
その後、トロツキズムから右翼に転向したシャハトマンはソ連型社会主義への戦闘的抵抗および[[民主党 (アメリカ)|民主党]]との合併を主張し、[[1972年]]まで統一執行部を指導して党の主導権を掌握し、[[ベトナム戦争]]に対する反対決議を妨害した。同年の大統領選では、統一執行部は当初[[ヘンリー・M・ジャクソン]]を支持していたが、ジャクソンが初期の段階でジャクソンの敗北が確実になると[[リチャード・ニクソン]]へのに対する反対行動を拒否した。
 
これに対し、2つの派閥が社会党から分裂した。1つは[[マイケル・ハリントン]]率いる合同執行部で、[[民主党 (アメリカ)|民主党]]の反戦主義者[[ジョージ・マクガヴァン]]を支持していた彼らは[[民主社会主義組織委員会]]を結成し、のちに[[アメリカ民主社会党]]となった。もう一派は[[ベンジャミン・スポック]]の[[人民党]]を支持していた左派のデブス執行部で、分裂後に[[民主社会主義者連合]]を結成し、[[1973年]]にSPUSAとなった。
917

回編集

案内メニュー