「竹山晋民」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
'''竹山 晋民'''(たけやま しんみん、本名は'''竹山 晋一郎'''=たけやま しんいちろう)([[1900年]] - [[1969年]])は、[[鍼灸師]]・[[ジャーナリスト]]・[[政治家]]。
 
[[茨城県]][[真壁郡]]出身。[[早稲田実業学校]]を経て[[1925年]]に[[慶應義塾大学]][[経済学部]]を卒業、[[大阪時事新報]]に入社し社会部記者となる。病を得て一時危篤状態に陥った際に[[漢方医]]の治療で一命を取り留めたことから[[東洋医学]]に関心を持ち、[[駒井徳三]]の紹介で[[1938年]]に雑誌『東邦医学』編集部入り。1939年に弥生会(現[[経絡治療学会]])の世話人となる。[[1941年]]に[[漢方医学復興の理論]]を出版し、[[1942年]]に鍼灸師資格を取得。戦後は[[1953年]]の[[第26回衆議院議員総選挙]]に[[日本共産党]]公認で[[茨城県第3区 (中選挙区)|茨城県第3区]]から出馬、[[1960年]]には[[下館市|下館]][[市議会議員]]となるなど政治家として活動した。
 
{{DEFAULTSORT:たけやま しんみん}}
[[Category:茨城県出身人物地方議会議員]]
[[Category:茨城県出身の人物]]
[[Category:1900年生]]
[[Category:1969年没]]
{{Japan-politician-stub}}
[[Category:茨城県出身の人物]]
{{People-stub}}
匿名利用者

案内メニュー