「コストパフォーマンス」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
コストパフォーマンスという言葉は英語圏で日常的に使われていると思われがちだが、実際は専門的な用語であり、日常会話で使われることはほとんどない。普通の人に言ってもまず通じず、ほぼ[[和製英語]]といっても過言ではない。実際、この記事は日本語版以外英語版にすらない。
 
日本での意味は投資しようとする商品やサービスなどの価額が、満足度・機能などの価値に見合っているかどうかを表現する場合に使われる。絶対的な商品やサービスの質のみを考えているわけではなく、'''価格に比べて、質なり結果が良いか悪いか'''という場合に使う考え方。したがって、いわゆる高級品であってもコストパフォーマンスが悪い場合があり、同様に廉価品でもコストパフォーマンスが良い場合がある。イメージとしては、(尋常ではないくらい高い・良い)よりも(ありえないくらい安い・そこそこ)のほうがコストパフォーマンスが良い。日本語としてはお買い得商品、というのもコストパフォーマンスがよい、とほぼ同義である
 
また近年では、[[費用便益分析]]として、政策においても費用対効果の考え方を導入する動きが強まっている。これは、諸外国では政策を立案および評価する時に、その政策を行うことにかかる費用(政策を行うことで出来なくなる分である[[機会費用]]を含む)と、その政策によって得られる便益とを比較する[[費用便益分析]]が綿密に行われるようになってきたことを見習ったものである。
 
== コストパフォーマンスが高くなる条件 ==
一般に商品はそれを作るための材料費と加工費といった、それを作るのに必要な金額より高い価格を持つ。これを下回る価格を設定すれば、明らかに販売するごとに赤字が出る。しかし、時にこれを下回る価格設定が行われる場合があり、そういった場合に購入すると、大変お買い得になる。そのような価格設定が行われるのは、たとえば同系機種の新しい型がでる前であったり、集客の効果をねらったりといった特別な条件下で見られる。
 
そうでない場合には、普通はコストパフォーマンスがよいのは、よく売れる価格帯のものである。商品は上記のようなここの商品を作るのに必要な金額の他に、それを開発するための費用が必要であり、これは往々にして個々の商品の金額を大きく超える。したがって、多く売れれば売れるほど、この金額を個々の商品にかぶせる量を少なくすることができる。またそういった価格帯は、企業間でも取り合いが多いから、できる限り安くて良い商品にしなければ競争に負ける。
 
== 用例 ==
28,698

回編集

案内メニュー