「自衛隊格闘術」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
|別名=
|競技形式=[[防具]]を使用した直接打撃制(一部の技は、[[寸止め]])及び[[演武]]
|使用武器=[[銃剣]](着剣[[短剣小銃]]着剣[[小銃短剣]]
|発生国={{JPN}}
|発生年=[[20世紀]]中期
|創始者=
|源流=不明(旧自衛隊格闘術は[[日本拳法]]・[[柔道]]・[[相撲]]・[[合気道]]
|流派=
|派生種目=
演武のことを「展示」と呼ぶ。
 
陸上自衛隊では{{和暦|2008}}より、新しい内容の自衛隊格闘術(新格闘)が全部隊で導入される予定であるた。([[#2008年(平成20年)導入予定現在自衛隊格闘術(新格闘)|後述]])。
 
== 2007年(平成19年)までの自衛隊格闘術 ==
{{和暦|1959}}に制定された内容は、徒手格闘、銃剣格闘、短剣格闘からなる内容であった(ただし、銃剣については[[銃剣道]]も併用)が、2008年(平成20年)の新格闘導入により、現在は訓練されていない。
 
=== 自衛隊徒手格闘 ===
自衛隊徒手格闘は、[[日本拳法]]をベースに、[[柔道]]と[[相撲]]の[[投げ技]]、[[合気道]]の[[関節技]]を採り入れた内容で構成されている。
これに対し、自衛隊短剣格闘はアメリカ陸軍で訓練されていたナイフ格闘術がベースになっているというが、これまで公刊物で公開されたことが無く、詳細な内容は不明である。
 
== 2008年(平成20年)導入予定現在自衛隊格闘術(新格闘) ==
2008年(平成20年)より新たな内容の格闘術に変更された。この新しい格闘術は自衛隊内では「'''新格闘'''」と呼ばれている。
近年の[[不審船]]事案や[[テロ]]・[[ゲリラ]]の脅威などによって近接戦闘生起の可能性が高まったことを受け、陸上自衛隊では{{和暦|2000}}度頃より格闘術全体の見直しを検討していたが、[[陸上幕僚長]]・[[森勉]]が実戦的な徒手格闘の体系を早期確立するよう指示したことにより、本格化した。これにより[[自衛隊体育学校]]第一教育課に格闘研究プロジェクトチームを発足し、格闘術の抜本的な見直しを進められた。
 
各国の軍・治安機関では[[テロ]]・[[ゲリラ]]などの脅威に対して、[[近接格闘術]]を改良していったが
そして格闘研究プロジェクトチームの研究成果に基づいた新たな格闘術を{{和暦|2006}}に[[第10師団 (陸上自衛隊)|第10師団]]で試験的に導入した。{{和暦|2007}}中に教育訓練方法などを検討し、{{和暦|2008}}に全部隊で導入される予定である。
自衛隊での訓練は武道色の強い内容のままであった。やがて日本でも、近年の[[不審船]]事案や[[テロ]]・[[ゲリラ]]の脅威などによって近接戦闘生起の可能性が高まったことを受け、陸上自衛隊では{{和暦|2000}}度頃より格闘術全体の見直しを検討していたが、[[陸上幕僚長]]・[[森勉]]が実戦的な徒手格闘の体系を早期確立するよう指示したことにより、本格化した。これにより[[自衛隊体育学校]]第一教育課に格闘研究プロジェクトチームを発足し、格闘術の抜本的な見直しを進められた。
 
技術体系も大幅に見直され、これまでの徒手格闘・銃剣格闘・短剣格闘という分類から、徒手技術・武器技術という分類に変更されている。同時に訓練で使用する[[防具]]も軽量化された。
新たな格闘術について現在、明らかになっている内容は、
 
*現在の技術体系を見直し、徒手格闘を「徒手技術」、銃剣格闘と短剣格闘を統合し「武器技術」とする。
そして格闘研究プロジェクトチームの研究成果に基づいた新たな格闘術を{{和暦|2006}}に[[第10師団 (陸上自衛隊)|第10師団]]で試験的に導入した。{{和暦|2007}}中に教育訓練方法などを検討し、{{和暦|2008}}に全部隊で導入される予定である
*徒手技術には、これまでの徒手格闘に大幅に[[投げ技]]や[[絞め技]]を追加する。
 
=== 自衛隊格闘 徒手技術 ===
かつての徒手格闘に相当する。
 
新たな格闘徒手技術について現在、具体的な内容は未だ明らかになっていない。明らかになっている内容は、
*徒手技術には、これまでの徒手格闘に大幅に[[投げ技]]や[[絞め技]]を追加する。
*これまで教本には載っていたが訓練されてこなかった技(上げ打ち、足首固め、[[三角絞め]]など)も指導する。
など程度である。
*武器技術は短剣での格闘時の構えの大幅な変更など。
 
*訓練で使用する[[防具]]の軽量化。
=== 自衛隊格闘 武器技術 ===
などである。
かつての銃剣格闘と短剣格闘に相当する。
 
武器技術についても現在、具体的な内容は未だ明らかになっておらず、短剣での格闘時の構えの大幅な変更があった程度しか判明していない。
 
== 関連資料 ==
匿名利用者

案内メニュー

個人用ツール

名前空間

変種

その他