「日通総合研究所」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
 
'''日通総合研究所'''(にっつうそうごうけんきゅうしょ)は、[[日本通運]]株式会社の子会社で、[[物流]]・[[交通]]に関する研究・分析・コンサルティング業務を行う[[民間]][[シンクタンク]]。通称「日通総研」(にっつうそうけん)、「総研」(そうけん)。<br/>
物流・交通を専門に研究する研究機関は、国や公益法人が母体となっているものは存在する(財団法人 運輸調査局,運輸政策研究機構等)が、民間ではほとんど唯一と言っても過言ではない。[[1961年]]設立。<br/>
現在ではすっかり定着した、[[物流]]と言う用語は英語の「PhigycalPhsycal Distribution」を、同研究所の研究員が「物的流通」と日本語に翻訳し、これを省略して[[物流]]と用いた事に始まる。<br/>
を、同研究所の研究員が「物的流通」と日本語に翻訳し、これを省略して[[物流]]と用いた事に始まる。<br/>
所在地は、[[東京都]][[港区 (東京都)|港区]]東[[新橋]]([[汐留]]地区)の日本通運本社ビル内。<br/>
専門性の高いシンクタンク故、出身者で交通・物流に関して大学等で教鞭を取っている者も多い。<br/>
匿名利用者

案内メニュー