「松井誠」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
 
== 人物・経歴 ==
* 身長173cm、体重66kg。愛称は「マコ様」
* 愛称は「マコ様」。
 
* 松井の女形はその美しさから『'''生きる[[博多人形]]'''』『'''[[長谷川一夫]]丈の再来'''』と呼ばれている。
松井千恵子一座の子供として生まれ、出生地は公演中の舞台の楽屋であったという。初舞台は0歳で捨て子の役で出演。公演で移動するごとに転校を余儀なくされ、友達とも遊べず、給食さえ食べる事のできない一座の生活に嫌気が差し、中学卒業後夜汽車で家出し上京。水商売など様々な職を転々とした末、18歳の時に劇団員が少なくなって困っていた両親のために、九州へ帰り舞台に立ち人気を博す。
* 松井千恵子一座の子供として生まれ、出生地は公演中の舞台の楽屋であったという。初舞台は0歳で捨て子の役で出演。
しかし、東京にいた時に見た[[帝国劇場|帝劇]]の『[[屋根の上のヴァイオリン弾き]]』の感動が忘れられず、自分なりの役者像を思い描くこととなり、大舞台の役者となるべく[[1986年]]3月、25歳の時に一から「劇団誠」を立ち上げた。以後紆余曲折を経て今日に至る。<ref>『[[スタジオパークからこんにちは]]』([[日本放送協会|NHK]])[[2007年]][[6月8日]]の回に出演。これまでの役者人生について深く語った。</ref>
* 公演で移動するごとに転校を余儀なくされ、友達とも遊べず、給食さえ食べる事のできない一座の生活に嫌気が差し、中学卒業後夜汽車で家出し上京。
 
* 新宿の歌舞伎町で年齢をごまかしてホストクラブで働いた。幼い頃から舞台に立ち、いろいろな人と出会ってきただけに客あしらいもうまく、次第に売れっ子になった。しかし、ハードな仕事と酒、ストレスのために17歳の時に胃潰瘍と十二指腸潰瘍の手術をする。<ref name="a">日刊スポーツ2009年12月8日記事より。</ref>
松井の女形はその美しさから『'''生きる[[博多人形]]'''』・『'''[[長谷川一夫]]丈の再来'''』『と呼ばれている。また、近年は大小劇場での公演以外でもメディア作品に積極的に出演。[[2007年]][[NHK大河ドラマ]]『[[風林火山 (NHK大河ドラマ)|風林火山]]』では[[北条氏康]]役を演じた。
* 東京で[[帝国劇場|帝劇]]の『[[屋根の上のヴァイオリン弾き]]』を見て感動。客席との距離が近い小さな劇場で飲み食いしながらにぎやかに見る客の中で育った松井にとって、大きな劇場で静かに見る公演は見たこともない光景だったという。それがきっかけとなり、自分なりの役者像を思い描くことなった。<ref name="a" />
 
* 18歳の時に劇団員が少なくなって困っていた両親のために、九州へ帰り舞台に立ち人気を博す。
女優の[[西尾三枝子]]と結婚し、二子に恵まれたが、[[2002年]]に離婚。現在は共演した女優・[[浅丘ルリ子]]との交際を公にしている。
しかし、東京にいた時に見た[[帝国劇場|帝劇]]の『[[屋根の上のヴァイオリン弾き]]』の感動が忘れられず、自分なりの役者像を思い描くこととなり、* 再び大舞台の役者となるべく[[1986年]]3月、25歳の時に一から「劇団誠」を立ち上げた。以後紆余曲折を経て今日に至る。<ref>『[[スタジオパークからこんにちは]]』([[日本放送協会|NHK]])[[2007年]][[6月8日]]の回に出演。これまでの役者人生について深く語った。</ref>
松井の女形はその美しさから『'''生きる[[博多人形]]'''』・『'''[[長谷川一夫]]丈の再来'''』『と呼ばれている。また、* 近年は大小劇場での公演以外でもメディア作品に積極的に出演。[[2007年]][[NHK大河ドラマ]]『[[風林火山 (NHK大河ドラマ)|風林火山]]』では[[北条氏康]]役を演じた。
* 女優の[[西尾三枝子]]と結婚し、二子に恵まれたが、[[2002年]]に離婚。現在は共演した女優・[[浅丘ルリ子]]との交際を公にしている。
 
==逸話==
かつて、* [[日本放送協会 |NHK]][[大河ドラマ]]『[[炎立つ (NHK大河ドラマ) |炎立つ]]』の第一部において第9,10話のみゲスト出演をしたことがあった。この時演じた[[高階経重]]が公家であったために「イメージが違う」とファンの人から苦情が来たという。そのため、[[2007年]]同枠で製作された『[[風林火山 (NHK大河ドラマ) |風林火山]]』への出演が決まったときは嬉しかったという<ref>『風林火山』ガイドブック内のインタビューに書かれていたエピソード)より。</ref>。ただし、高階経重が登場する実写作品は『炎立つ』だけであることも事実である。
* 「劇団・誠」ではおひねりを廃止している。帰郷した松井はおひねりにより、演技が中断されること、「いつのまにか、あのお客さんからは10万円もらえるかな、とか計算してしまう」とかつてのホストとそれに貢ぐ客の関係と似た匂いを感じたこと、芸がおざなりになってしまうのではないかという不安を持っていたことが理由である。<ref name="a" />
 
== 出演作品 ==

案内メニュー

個人用ツール

名前空間

変種

その他