「明親館 (兵庫)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
編集の要約なし
'''明親館'''(めいしんかん)は、[[明治維新]]期に[[神戸市|神戸]]にあった[[郷学]]の[[学校]]。神戸で最も古い学校とされる。
'''明親館'''(めいしんかん)は[[明治]]初期に[[神戸市|神戸]]にあった[[郷学]]の[[学校]]。神戸で最も古い学校とされる。[[1867年]]([[明治元年]])、[[神田兵右衛門]]、[[北風正造]]らによって開校されたが、[[1873年]]([[明治6年]])には経営不振、新[[学制]]公布([[1862年]])があったことなどにより閉校。小学校が設立される前の兵庫における教育に果たした役割は一定のものがあったとされる。[[神戸市]][[兵庫区]]に明親小学校、また町名「明親」として名を残している。[[兵庫岡方文書]]の中に、[[有栖川宮熾仁親王]]書「明親館」扁額が残っている。ここで学んだ者に[[卜部兵吉]]等がいる。
 
'''明親館'''(めいしんかん)は[[明治]]初期に[[神戸市|神戸]]にあった[[郷学]]の[[学校]]。神戸で最も古い学校とされる。[[1867年]]([[明治元年慶応]]3年)、[[神田兵右衛門]]、[[北風正造]]らによって開校されたが、[[1873年]]([[明治6年]]6年)には経営不振、新[[学制]]公布([[18621872年]])があったことなどにより閉校。小学校が設立される前の兵庫における教育に果たした役割は一定のものがあったとされる。[[神戸市]][[兵庫区]]に明親小学校、また町名「明親」として名を残している。[[兵庫岡方文書]]の中に、[[有栖川宮熾仁親王]]書「明親館」扁額が残っている。ここで学んだ者に[[卜部兵吉]]等がいる。
 
==沿革==
*[[1867年]]([[明治元年慶応]]3年):6月13日、切戸町の函館物産会所の建物を校舎として、「兵庫学校」と言う名前で開校。9月に旧県庁庁舎に移転し、初代[[兵庫県]][[知事]]であった[[伊藤博文]]によって、漢書「[[大学 (書物)|大学]]」の中の「上明らかにして下親しむ」より採って「明親館」と名付けられた。
*[[1862年]]([[明治5年]]5年):3月、兵庫町会所(岡方総会所)に移転。10月、県立[[神戸洋学校]]([[神戸洋学伝習所]])を併合。和・洋・漢の学問が学べる学校となった。当時の県知事[[神田孝平]]なども教えていた。
*[[1873年]]([[明治6年]]):6月24日、明親館閉校。10月、切戸町の旧県庁庁舎に改めて、明親館に因んだ名の明親小学校が開校された。
 
{{DEFAULTSORT:めいしんかん}}
[[Category:神戸市の歴史]]
[[Category:明治時代兵庫県旧制教育機関]]
匿名利用者

案内メニュー