「ハリカルナッソスのディオニュシオス」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
+{{lang}}
m (ロボットによる 追加: bs:Dionizije iz Halikarnasa)
m (+{{lang}})
'''ハリカルナッソスのディオニュシオス'''([[ギリシア語|希]]:Διονύσιος:{{lang|grc|Διονύσιος}}, [[ラテン語|羅]]:Dionysius, [[紀元前60年]] - [[紀元前7年]]以降)は、[[ローマ帝国|帝政ローマ]]初期の[[歴史家]]、[[修辞学]]の教師。
 
[[アナトリア半島|小アジア]]の[[ハリカルナッソス]](現 [[ボドルム]])に生まれ、[[アウグストゥス|オクタウィアヌス]]が[[マルクス・アントニウス]]を下し、[[プリンキパトゥス|帝政]]を開始した頃に[[ローマ]]に移住、[[ギリシア語]]と修辞学を教えつつ、自らも[[ラテン語]]を学びローマの歴史の著述を始める。没年はわかっていないが、[[紀元前7年]]以降と考えられている。
 
神話時代から[[第一次ポエニ戦争]]を扱った全20巻の『[[ローマ古代誌]]』(希:Ῥωμαικὴ:{{lang|grc|Ῥωμαικὴ ἀρχαιολογία)ἀρχαιολογία}})は代表作である。1巻から9巻までは完全に、10巻と11巻は一部欠けているがほぼ残っている。しかし残りの8巻は散逸し、他の著作の引用として伝わるだけである。
 
{{DEFAULTSORT:はりかるなつそすのていおにゆしおす}}

案内メニュー