「フザリウム」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
文章の書き換え(重複の整理、主観の排除、wikifyなど)
m (文章の書き換え(重複の整理、主観の排除、wikifyなど))
|}
|}
'''フザリウム'''(''Fusarium'')は、[[バナナ菌類]]型の[[分生子]]を形成する([[カビ]])の一属である。多くフザリウムは不完全時代名称であり、完全時代はが植物の[[病原体]]によって異なる。完全時代としては、''Nectoria'', ''Gibberella'', ''Calonectria'', ''Hypomyces''などが知られる。
 
'''フザリウム'''(''Fusarium'')は、分生子を形成するカビ、いわゆる[[不完全菌]]のひとつこれまある。多くの種類があり、世界で100種以上が知ら報告さている。現在さらに、分子遺伝学に基づいた種の再検討が行われており、最終的には500種以上になると考えられている。[[森林]][[土壌]]中や人間の住環境中などではごく普通広範囲見られ生息していものであるが、[[植物]]に病気を引き起こすものが多く含まれるほか、毒素種や[[マイコトキシン]]を作るものもあるなど、人間にとっても重要なカビである。
== 概説 ==
'''フザリウム'''(''Fusarium'')は、分生子を形成するカビ、いわゆる[[不完全菌]]のひとつである。多くの種類があり、世界で100種以上が知られる。現在、分子遺伝学に基づいた種の再検討が行われており、最終的には500種以上になると考えられている。[[森林]][[土壌]]などではごく普通に見られるものであるが、[[植物]]に病気を引き起こすものが多く含まれるほか、毒素を作るものもあり、人間にとっても重要なカビである。
 
分生子が三日月型をしている種が多く、分離培地上で目につきやすい。同時に2種類(種によっては3種類)の分生子を形成する。
 
== 形態 ==
[[菌糸]]はよく発達した一定の太さのもので、規則的に隔壁が入を形成する。[[寒天培地]]上では、寒天に潜るか、表面を這って成長し、次第に気中にも伸び出す。はじめはほとんど透明か真っ白の[[コロニー]]を作るが、古くなると様々な桃色、紫、薄黄色、赤などに染まるも色素を産生する種もある。
 
[[分生子形成型]]はフィアロ型である。分生子には一般に、大小二つの型があり、'''大型分生子'''(Macroconidium。大分生子、大型分生胞子ともよばれる。以下同様。)と'''小型分生子'''(Microconidium)と呼ばれている。
 
大型分生子は細長く、両端が曲がった三日月型で、数個の隔壁があって多細胞である。小型分生子も同じように形成され、球形細長く単細胞であり、大型分生子よりも小さい。また、''F. avenaceum''など種によっては'''中型分生子'''という中間型の分生子を作る。
<!-- 日本菌学会「菌学用語集」に基づき、「大型分生子」等の名称を優先-->
 
 
== 完全世代 ==
知られている範囲ではフザリウムの完全世代は[[子嚢菌]]門[[核菌綱]]ボタンタケ科アカツブタケ属(''Nectria'')やそれに近縁なジベレラ(''Gibberella'')であ、''Calonectria''、''Hypomyces''が報告されている。アカツブタケは小さな球形の[[子実体]]を多数、枯れ木の樹皮上に形成する菌である<!--「アカツブタケ」と「アカツブタケ属」とを混同しそう-->。ジベレラは紫色の子実体を形成するのが特徴である。こ<!--Gibberella菌には稲子実体=子う殻ならか苗病の病原菌黒いして有名なものが含まれる思う。要確認 -->
 
なお、アカツブタケ属の菌のアナモルフ(不完全世代)はフザリウムだけではなく、''Cephalosporium''、''Cylindrocarpon''、''Verticillium''の形を取るものもあることが知られている。形は違うがいずれもフィアロ型の分生子形成型のものである。
== 分類の変遷と議論 ==
===ランパーとスプリッター===
Wollenweberフザリウム属の分類を起点とに関てはSnyder&Hansenらに代表される種を細分する学派(スプリッター)と、Boothらに代表される種を大きくまとめる学派(ランパー)とに分かれて長年大きな論争が繰り広げられてきた。スプリッター派前者Wollenweberの分類を起点とし、Snyder&Hansenら代表されるヨーロッパを中心とした研究者たちランパー派後者おもBoothら代表されるアメリカの[[ペンシルベニア大学]]を中心とした研究者たちであった。ところが1983年にペンシルベニア大学のNelson, Toussoun & Marasasは「FUSARIUM SPECIES」という、スプリッター派を支持する分類に基づいた書籍を出版した。これにより、両学派の方向性は統一された。
 
<!--
近年は分子遺伝学的な検討が行われており、従来の種は複合種であるとされて、細分化された種が数多く提案されている。形態的には全く区別がつかなくても種として分けることを主張する研究者も多くいる。そのため種の数は飛躍的に増えており、2006年現在で百数十種、将来的には500種以上になると言われている。
 
種が細分化されている代表的な種に''F. graminearum''がある。従来は、北米に多く分布し、トウモロコシへの寄生性が強く、子のう殻を作りにくい系統(タイプ1)と世界中に分布し麦類に寄生しやすいタイプ(タイプ2)とに分けられる程度であったが、それぞれ''F. pseudograminearum''と''F. graminearum''に分けられた上、さらに''F. graminearum''も8十数種に分けられている。さらに細分化された種名の中にも''F. graminearum''と名づけられているものがあり、混乱を招きやすい。''F. moniliforme''の場合は、細分化された後に存在した狭義の''F. moniliforme''という種名は、混乱を避けるために現在は使用が禁止され、''F. verticillioides''と名称変更された。
 
<!-- この項、執筆にあたり文献等の確認を一切していないので、細かい部分について正確性の確認が必要です[[利用者:Fk]]-->
 
== 利害 ==
また、水中的な環境にも出現することから、台所や風呂場の排水溝周辺などに生育して赤い汚れになる場合がある。[[コンタクトレンズ]]の洗浄剤に繁殖して被害を出した例もある。
 
<!--== 樹木上のアカカビ ==
フザリウムのうち、一部の種は赤い色素を出すことで知られ、培養するとコロニーが赤や桃色に染まることがある。野外においても、そのために人を驚かせる場合がある。
 
[[樹木]]の傷から染み出る[[樹液]]には糖分などが含まれ、これを生育場所とする菌は数多く、まとめて[[樹液菌]]などと呼ばれる。特に[[酵母]]やそれに近縁なものが多く生息し、樹液が発酵しているのはよく知られていることであるが、同時に[[糸状菌]]も生育する。フザリウムもその一つであり、この菌がよく繁殖すると、その部分が赤や紅色に染まってしまう。この菌は普通は''F. roseum''であるとされてきた。<!-- F. roseumという種名は20年前に使われなくなっていますが・・・
その時代の本しか知らないんですよ。わかったら追加願います。(Ks)-->
 
これを外から見れば、樹皮の傷口やその周辺に樹液が染み出し、そこに菌類が繁殖して何やらブヨブヨの固まりとなり、これが赤く染まってしまうのである。特に[[ミズキ]]などでは樹液の分泌が多いのか、傷口から下側に数十cmにもわたって赤いブヨブヨが広がる状態も見られる。古くは「木の切り傷から血が流れていた」などという記録があるのもこれであるらしい。
 
なお、湿ったところに赤い色で繁殖するのはこのカビだけではない。[[不完全酵母]]のロドトルラ(''Rodotorura'')などの場合も多いので、外見だけでの判断はできない。
 
<!--この項、フザリウムについての記述ではないような気がするのですが・・・
 
フザリウムにアカカビの名を当てることもあるようですし(Ks)-->
この項、コメントアウトします。フザリウム属のうち、正体不明なごく一部の種だけが限定的に関わっているようなことを含んだトピック的なものを書くと、切りがないと思います。-->
 
<!--フザリウムにアカカビの名を当てることもあるようですし(Ks)-->
 
== 参考文献 ==
1,714

回編集

案内メニュー